経済、ファイナンスの知識を勉強したい方へ

誤解を恐れずに言うなら、株で儲けるためのノウハウと、経済・ファイナンスの知識とは、
全く別のものです。どれだけ経済学を学んで、ファイナンシャルの資格を取っても、
それで株式投資で勝てるようになるわけではありません。

頑張って勉強しているのに、いつも負けてばかりという方には、よく分かって頂けると思いますが、
経済学やファイナンスの知識があればあるほど、余計な情報に惑わされて、現実の株式投資の局面では
「どうすればいいのか判らなくなってしまう」ことが多いです。

これは、自動車の運転とすごくよく似ているのです。下の図を見てください。
 

経済学やファイナンスの知識 = 車やエンジンの構造

株式投資で利益を出す方法  = 車の運転方法


経済学・ファイナンスの知識というのは、車両やエンジンの構造の勉強と同じです。
車がどうやって出来ているのか?という勉強と同じく、経済がどういう仕組みで
成り立っているのかを勉強するものです。
もちろん、これも不要なものではありませんが、車の構造を知ったからと言って、
上手に車が運転できるようにはなりませんよね。同じように、どれだけ「経済の仕組み」を
理解したところで、これだけ相互に複雑に依存している経済のなかでは、それを現実の売買に
役立てることは不可能に近いのです。業績が良くて決算書も優秀な会社の株価が下がって
しまったり、ボロボロの会社の株価が驚くほど上がることは、多くの方が経験されていると思います。

知りたいのは「この銘柄は上がるのか、下がるのか」だけ

突き詰めて考えると、株式投資で利益を出すのに重要なのは「この銘柄は上がるのか下がるのか?」
これだけです。
ところで、一般的に、経済学やファイナンスの教科書・教室では「短期投資はするな、長期投資をしろ」
と言われます。
しかし、よく考えてみてください。あなたの周りで、長期投資をして利益を出している人達が、
どれだけいますか?
3年、5年、10年前に「絶対に安全」と言われた会社は、いまどうなっていますか?

ほんの3年前と比べて日本の経済がどれだけ変わっていますか?

長期的に上がるのか、下がるのかは、誰にもわからないのです。ニュースでも取り上げられていますが、
国家の投資機関ですら、軒並み損を出しています。長期投資は、一か八かのギャンブルです。
個人投資家は、絶対に長期投資をしてはいけません。




逆に、短期的であれば、この先上昇するのか、下降するのかという予測の精度を上げることが可能です。
ですから我々は、個人投資家には「単純に上昇に転じる瞬間に買い、下降に転じる瞬間に売る」
というテクニカルトレードをお勧めしているのです。

勝つための本当のノウハウは「損失を防ぐためのロスカット」

いくら大きな利益を出しても、大きく損失を出しては意味がありません。
実は株というのは、利益を出すのは案外簡単です。もしあなたがトレードをしている方なら、
過去の勝ちの回数が、決して少なく無いことを知っていると思います。
しかし、『負けない』ことは、すごく難しいのです。負けたときに、「もう少し待ってみよう」と
いってズルズルと負け続け、最終的に勝ちの利益も吹き飛んでしまうような、
大きな損失になってしまうことが多いです。


どれだけ短期投資で「単純に上昇に転じる瞬間に買い、下降に転じる瞬間に売る」という
トレードを行っても、当然、常に勝てる訳ではありません。いざ負けたときに、
どれだけ損失を小さく抑えられるか?が重要なのです。


例えば、3勝7敗のなかで、3回の勝ちを確実なものにし、7回の負けを最小に収めて、
トータルで利益を出していくのが、プロの個人投資家です。



書店に並ぶ書籍も儲け方についてはノウハウを公開していますが、損失を防ぐノウハウはあまり
書いていません。これは、見極めに独特のスキルが必要なのと、投資家のメンタルが影響を与える部分が
大きいからです。ですから、このノウハウについては、実際のトレードを通じて、ケースbyケースの
実践でしか学ぶことが出来ないからです。


このように、「短期の上昇と下降を見極めるスキル」と「損失を最小限にとどめるスキル」を
組み合わせることによって、プロの投資家はトレードを行っています。


※ご注意
ここで、3勝7敗と聞いて「そんなに負けるの?」と思った方は、ハッキリ言って株式投資を
やらない方が良いです。インターネット上の掲示板には、8割は勝つものだと思って株式投資を始めて、
大切な財産を失ってしまった方たちの相談がたくさんあります。

我々のノウハウは「お勉強」がしたい方には向きません

もちろん、経済学やファイナンスの知識がいらないというわけではありません。あくまで、
趣味として、あるいは教養の一環として経済の勉強をする分には、とても楽しいと思います。
様々な書籍や教室、セミナーでファイナンシャルプランナーや会計士、コンサルタントの方が、
丁寧に教えてくれると思います。

そういった方には、我々が教える泥臭いノウハウは、あまり役に立たないと思います。
また、講師も「儲けに直結するノウハウ」以外の専門知識はあまり持っていませんので、
ご期待に応えられないかもしれません。

現役のトレードトレーナーが現場の泥臭いノウハウとトレードスキルを教えます

もしあなたが、お勉強ではなく、株式投資で利益を出したいのであれば、まずは我々の
体験セミナーに参加してください。
今までセミナーにいらっしゃった方の多くから、

「体験セミナーで考えが変わりました。私にもできる!と。なぜほとんどの人は株で損をし、
なぜごく一部の人しか儲けられないのかをきっちりと教えて頂きました。」


「安全な投資法を目指すというお話を聞き、これならこんな私でも大丈夫と思いました」


「3年間、どうして自分がうまくいかなかったのか、やっと判りました」


といった声を頂いております。

短い時間ではありますが、必ず、


「これを知らずに株を始めなくて本当に良かった」

「なぜ今まで勝てなかったか、やっと判った」


と言って頂ける自信のある内容です。

もちろん、当然ではありますが、その後の電話等での強引な勧誘等は一切しません。我々は金融商品取引業者のため、強引な勧誘活動や過剰な宣伝行為を行った場合は、即営業停止処分となってしまいます。

>>株の学校123無料説明会お申し込みはこちらから

お問い合わせ

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
手数料等 報酬体系 ベーシック 会員 3ヶ月 248,000円 
以降1年 1,000円
指標変動により
損失が生じるおそれ
株価や債券価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。 また、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
その他重要事項 当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。 また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

生徒さんの声

株の学校123にご参加頂いた、生徒さんの声をお聞きください。

» 詳細を確認する

コース紹介

株の学校123の受講カリキュラムをご紹介いたします。

» 詳細を確認する

授業の様子

株の学校123における授業の様子をご紹介いたします。

» 詳細を確認する

経済、ファイナンスの知識

経済、ファイナンスの知識を勉強したい方へ。

» 詳細を確認する

特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律に基づく表示です。

» 詳細を確認する

会社概要

株の学校123を運営する、株式会社トレードイノベーションの会社概要です。。

» 詳細を確認する

金融商品取引業者の表示

金融商品取引業者であることを証する事項です。

» 詳細を確認する