各種セミナーお申し込み専用ダイヤル

TEL:0120-104-451

受付時間: 平日 PM 13:00 〜 PM 18:00

推奨銘柄と投資アドバイスで成功体験から学びます! 無駄なお勉強は致しません。損失を限定し利益を出す株式トレードについてのみ勉強する株式投資スクールです。現役プロのトレードトレーナーが秘伝のノウハウを伝授します。

株式投資入門

雑誌で高評価の株を実際にチャートで見てみたら…

投稿日:

和田:皆さんこんにちは、本日は株の学校123の坪倉講師にお越し頂いております。今日もよろしくお願いします。

和田:株って深いですね。
坪倉:深いですよ、突き詰めれば色々ありますからね。ですが、難しく考えている人も多いと思います。
和田:少し話を伺う機会が増えたのですが、まだスタート地点から抜けられないなと過ごしています。そんな私も、雑誌を買ってみました。注目株を買おうと思ったのですが、多いんですよね。
坪倉:確かに多いですよね。株ってめちゃくちゃ銘柄有りますから、注目株はほんの一部ですから。結構100個くらい上がっていますね。
和田:どう選んでいいのか分からない中でも、自分が知っている会社の株について、分析をして頂けたらと思います。
坪倉:お好きなのを、選んでみて下さい。

和田:名前しか知らない会社がいっぱいありますね。
坪倉:僕もありますよ、名前しか知らない会社。
和田:今日は、マツダどうかなと思って。どうでしょう。あまり聞かないですよね。
坪倉:隠れた優良銘柄かも知れないですね。車というと、どうしてもトヨタですし、王道ですよね。そんな中でも頑張っていると聞きますからね。私は車が好きで、マツダも面白い車出しています。良いかも知れないので、ちょっと見てみましょう。

坪倉:7261マツダ。クリーンディーゼルで押してますけどね。
和田:15年夏には、新型ロードスター。新しいのが出るんですね。
坪倉:マツダのチャートを見てみたいと思います。これがマツダの株価チャートです。株価チャートはご存知の方も多いと思いますが、株価の推移を表したグラフです。一目見れば株価が推移しているのかが分かります。パッと見てどうですか?
和田:1月あたり下がっています。
坪倉:去年の12月上旬位にピークが来て、そこから右肩下がりっぽいですね。
和田:ロードスター出るのになあ。
坪倉:もうちょっと先ですよね。でも、目先は下げています。株は、業績が良いと株価が上がっているというイメージがありますよね。
和田:もちろん。
坪倉:株価は長い目で見れば、業績が良い銘柄の方が上げているのかもしれませんが、真っすぐは上がりません。
和田:違うんですか?
坪倉:株価は、波を打っていきます。下がる時も山を作りながら下がります。逆に言うと、どんな優良銘柄でも、下げる時はあります。
和田:あ、そうですよね。
坪倉:だから、山のてっぺんとかで買ってしまうと、買った直後から下がりだす事があります。どんな優良銘柄でも。
和田:買いそう。
坪倉:買いそうでしょ。結構買っちゃうんです。大体みんな、株が値上がりしている時に買いたがるんです。
和田:上がっているから、上がっている時に買うじゃなくて?
坪倉:上がっているから、上がりそうな気がして買うでしょ。株価は真っすぐ上がりませんから、この事実を知っていると、どこかで下がってくるはずだと思いますよね。そういう事も念頭に入れて、マツダの株を見てみましょう。今見ているのは、ここ4カ月くらいですけど、1年くらいの推移を見てみますね。

坪倉:1年くらいを見ると、結構上下に揺れていますね。僕らは、タイミングがすべてだと思っています。いつ買って、いつ売るか、ここに集中します。ですので、余計な情報は排除します。
和田:新作出るよとか。
坪倉:新製品出るとか、一切気にしません。
和田:そうなんですね。
坪倉:大体気にすると、ニュースや業績に振り回されます。
和田:夏に出ると言われると、夏に買っちゃいますよね。
坪倉:夏頃買ったら遅いかもしれません。知っているのは良いのですが、タイミングを間違えてしまいます。左右されてしまうと、一番高い所で買って、一番安い所で売ってしまいます。ニュースが出たとたんに飛びつきますが、そこが一番高い所です。そこから下がりだして、ダメだと思って売ってしまうと、その後から上がってしまうのです。そうならないために僕らは、ニュースを排除して、株価チャートに集中します。
和田:これだけを見ますか。
坪倉:なぜなら、株価の動きには性質があって、ここに集中していれば業績は関係ありません。買うタイミング、売るタイミングが見えてきます。
和田:どこが買うタイミングなんですか?
坪倉:それをお話ししますね。

坪倉:株を買う時は何を見ているのかというと、大事なのは緑色の線です。これを、僕らは方向線と呼んでいます。方向線を観る事で、株をどのタイミングで買えば良いのかが見えてきます。そして、買っていい銘柄なのか、そうでない銘柄なのかも判断できます。大事なのは、方向線がどっちを向いているかです。どっちとは、上向きなのか、下向きなのかが重要になります。例えば、この辺りは方向線どっち向きですか?
和田:下がっています。
坪倉:下向きですよね。この辺りは?
和田:上向いています。
坪倉:上向きですよね。方向線が上向きの時と下向きの時、この時の株価の動き方に注目して下さい。株価が、どういう風に推移しているか?
まず、下向きを見てみましょう。下向きの時は、下に膨らんで戻っていますよね。
和田:谷がいっぱいできていますね。
坪倉:谷がありますよね。波打ちながら下へ下へ行きます。今度は、方向線上向きを見ましょう。上向きの時は、上へ上へ膨らみます。
まず、この性質が分かっていれば、株を買いたいと思うなら、方向線はどっちを向いていたらいいですか?
和田:上向いていた方です。
坪倉:上向きですよね。しかも、方向線の上に株価がある方が、いいですよね。株価が方向線の下向きに入ってしまうと、下へ行きやすくなります。方向線の向きも大事ですが、上にいるか下にいるのかも大事です。
方向線を、僕らは水面に例えます。水上に出ている時は呼吸ができるので、上に膨らむのです。
和田:おお!
坪倉:ところが、水面下に入ってしまうと、水の中ですから、息ができず溺れてしまいます。そんなイメージです。そうなっていますよね。
和田:なっています。
坪倉:なので、今直近を見ると、溺れているのです。そういう風に捉えて下さい。
和田:溺れている時は、ちょっと…。
坪倉:買わない方がいいかなと思いますよね。株は方向線の下にいる時は、買わない方がいいです。
和田:羽ばたく瞬間に買えば良いんだ!
坪倉:良い事言いましたね。水面に顔を出す瞬間が、買いのポイントです。逆に言うと、次はいつ売らないといけないですか?
和田:水面に潜る瞬間ですか?
坪倉:そう、水の中に潜ってしまう瞬間が良くないというのが分かりますよね。この瞬間は、株を売らなきゃいけない瞬間です。
和田;溺れちゃうので、手放したいですね。
坪倉:方向線を使うだけでも、売買ができます。直近をみると、どうすべきかが見えてきます。この株を買うかどうかは、判別つきますよね。これを繰り返すと、大分絞り込めますよね。
和田:絞り込めますね。
坪倉:これを参考にして、絞り込んで頂けたらと思います。

和田:ニュースに振り回されず、チャートに注目して頂いて、株の購入を考えて頂けたらと思います。最後までお付き合い頂いて、ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
株の学校123事務局

株の学校123事務局

推奨銘柄と投資アドバイスで成功体験から学びます! 無駄なお勉強は致しません。損失を限定し利益を出す株式トレードについてのみ勉強する株式投資スクールです。現役プロのトレードトレーナーが秘伝のノウハウを伝授します。
株の学校123事務局

最新記事 by 株の学校123事務局 (全て見る)

-株式投資入門
-,

執筆者:

関連記事

株式トレード・方向線を利用したかんたんデイトレード

(大場)これは、日中時間がある方でないとできません。 朝9時に相場がスタートしますが、デイトレードで一日中張り付いている必要はありません。 朝相場が始まったら、9時から9時15分までがベストな状態にな …

株式投資とRSIについて解説

今回は、RSI(相対力指数)についてお話しします。 ・RSIとは? 直近の一定期間において、終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのか、計測しようとする指標になります。 直近N日間の各時点 …

株主優待を逆利用!注目する点は、決算時の進捗率!

株主優待を目的として投資をしている人の中には、値上がり益については諦めている人もいるでしょう。しかし、株主優待を逆利用した投資方法もあり、それを利用して利益を上げている人もいます。それはどのような方法 …

仕手株 No6

インタビュアー:そうしたら仕手株かもしれない、ということですか? 坪倉:できるだけ長期で横ばいの動きが続いている方がより仕手株である可能性は高くなります。 インタビュアー:長い時間見てきて、小さな上が …

どんな企業が将来有望?ROEから見る株式投資

銀行預金が超低金利となったことで、投資を考え始める人が増えています。 特に、少額投資非課税制度であるNISAをきっかけとして、投資を始めたという人も少なくないでしょう。 しかし、投資を始めたもののなか …