各種セミナーお申し込み専用ダイヤル

TEL:0120-104-451

受付時間: 平日 PM 13:00 〜 PM 18:00

推奨銘柄と投資アドバイスで成功体験から学びます! 無駄なお勉強は致しません。損失を限定し利益を出す株式トレードについてのみ勉強する株式投資スクールです。現役プロのトレードトレーナーが秘伝のノウハウを伝授します。

株式投資入門

メディアの評価と実際の株価を見比べてみました。

投稿日:

和田:皆さんこんにちは、本日は株の学校123より、坪倉講師にお越し頂いております。坪倉講師、よろしくお願い致します。
坪倉:よろしくお願いします。

和田:さて、今日も色んな事について教えて頂きたいのですが、株について、ちょっとでも詳しくなれたらなと思って、本屋さんに行って、雑誌を買いました。試しに買ってみたのですが、注目銘柄の中から見たんですが、めちゃめちゃ注目銘柄が多い…。
坪倉:沢山ありますよね。
和田:どういうことですか?
坪倉:株って銘柄が沢山ありますからね。
和田:そうですが、注目って書いてあるからある程度絞ってあって、こっから選べば簡単じゃんって思っちゃったんですよ。多い。
坪倉:だけど、多い。さすがに、これだけあると悩みますね。
和田:選べないので、ココの中から身近で気になった物について、坪倉さんに分析して頂いたら嬉しいなという細やかなお願いです。
坪倉:分かりました。細やかなお願いにお答えしましょう。
和田:ありがとうございます!
色々見て、会社名も分からない中で、私がこれなら知ってると思ったのがあったんですよ。サイゼリア。
坪倉:サイゼリアね。行きます?
和田:行きます。
坪倉:何がお好きですか、サイゼリアで?
和田:何が好きかな、決まっているのはいくつかあるんですけど、その中でローテーションしています。
坪倉:ローテーション。なるほど。サイゼリア見てみましょうか。
中国復活なら分かりますね。中国で今、業績を上げているんでしょうかね。
和田:中国中心にアジアで年100店舗前後の出店を計画、と書いてあります。
坪倉:好調みたいなことも書いてありますね。中国では、利益率、営業利益が2倍増、大した事が書いてありますね。じゃあ、ちょっと見てみましょうか。

坪倉:今から、サイゼリアという会社のチャートを見てみたいと思います。
パッと見た感じ、サイゼリアってどうですかね。
和田:緩やか上がっております。
坪倉:緩やかにそうですよね。上昇しているから、注目銘柄と言われることはあるんだろうなと。今更ですが、株価チャートは株価の値動きを表したグラフです。これを見ると、株価の推移が分かる、パッと見た感じ見える範囲去年の9月から今年の1月だけでも、緩やかに半年の間上昇しているという感じですよね。もっと見える範囲を広げていきます。
和田:お願いします。
坪倉:1年ぐらい見てみますね。
和田:1年見ても、緩やかに上がっている感じですかね。
坪倉:1200円くらいだったのが、200円くらいまでつけてますよね。
和田:確かに。
坪倉:倍とまではいきませんが、結構上昇していますよね。株価チャートを見ていると、どうやらサイゼリアは、右肩上がりであるようだと言えますよね。良さげですよね。
和田:すごい良さげです。
坪倉:最近凄いことになっていますよね。何でこんなに値上がりしたのかな?
和田:何かあったんですかね。
坪倉:多分、ニュースか何かでしょうね。でも、僕らはあんまりニュースとか気にした事ないですけどね。
和田:え、そうなんですか?
坪倉:よくニュースで買う方おられますけど。
和田:株ってそういうイメージですよね。業績好調、買わなきゃみたいな。
坪倉:買わなきゃと思うでしょう。もっともそれが、素人が嵌まる落とし穴なんですけど。やっちゃいけないんです。

坪倉:おそらくニュースが出たのは、この日だと思います。急上昇しています。考えてみて下さい。ニュースが出ました、ニュースで株を売買している人は、買うとしたらどのへんで買うでしょうか?
和田:ニュースが出た時。
坪倉:出た時ですよね。つまり、ニュースが出たのはこの辺だから、そんなすごいニュースが出たんだと思ったら、この辺りで買うでしょうね。
和田:そうでしょうね。
坪倉:ニュースが出た日かその次の日ですよね。
和田:ダメですか?
坪倉:買っても良いですが、今株価はどうなっていますか?
和田:ちょっと落ちてますね。
坪倉:ちょっと下がってますよね。ここから上がるかもしれませんが。でも、よく見て下さい。ニュースが出た後に買うよりも、出来たら上昇する前に買いたくないですか?
和田:そうですね。でも、ニュースが出ていなければ分からない…。
坪倉:分かりませんよね。でも、僕らはニュースを気にした事ないんですよね。
和田:そうだ、それさっき言ってましたよね。
坪倉:ニュースを見てから買うと、上昇してしまった後に、買う羽目になる事が多いです。
和田:つまり、私みたいに、ニュースを見て飛びついた人たちが買うから高くなっている。
坪倉:まあ、そうですね。値段も上がっていますし。値段が上がるという事は、買うのに余計なお金がかかっちゃう事になります。もうちょっと下で買う方がいいじゃないですか。
和田:下で買わせてください。
坪倉:買わせて欲しいですよね。買う方法があるんです。
和田:どんな?

坪倉:よく見て下さい。緑色の線に注目して下さい。私たちは、この緑色の線の事を方向線と呼んでいます。株価の方向を表しているという事で、方向線と呼んでいます。方向線が上向きの時、株価は上昇しやすい傾向があります。実際に上向きだと、ずっと右肩上がりなのが分かりますよね。
和田:分かります。
坪倉:ここで1つ、方向線に対して、株価がどういう風に動いているのかに注目してほしいです。
和田:波ですか、何か山が…。
坪倉:方向線に対して、株価は上に膨らんで、方向線に近づいてきますよね。近づいた後は膨らんでまた戻ってきますよね。そういう動き方していますよね。
和田:しています。
坪倉:つまり、株価は方向線に対して、このような動き方をする事が非常に多いです。これを僕らは、株価の性質と呼んでいます。このことを知っていれば、株はどこで買うのが適切でしょう?
和田:方向線に株価が、触れる、近づいた時?
坪倉:そうなんです。ココとか、ココとか。
和田:そうですそうです。
坪倉:では、ココは?近づいてますね。
和田:近づいています。
坪倉:方向線に近づいていた時がありましたよね。今までのパターンから考えると、この辺で買っておく事も出来たんじゃないかと思いませんか?
和田:間違いないです。
坪倉:そうなんです。ニュースが出る前でしょ。
和田:えー、出ちゃった。
坪倉:出ちゃったから、遅いんですよ。わざわざニュースが出てから買わなくても、株価の性質を知っていれば、方向線に近づいたこの辺で買っておけば良かったなって気が付きません?
和田:気が付きました。
坪倉:でも、まだチャンスはあるかもしれませんよ。同じ性質で動いているならば、また方向線に戻ってくる時もありますよね。
和田:もしかしたら、また戻ってくるかもしれませんよね。
坪倉:そういう時になれば、またひょっとしてとチャンスが巡ってくるかもしれません。という風に、この先この銘柄を見ていけば良いんだな、という事が分かります。
和田:そんな風に注目して頂ければ…。
坪倉:株を買うタイミングが重要です。

和田:皆さんも注目しながら、見計らって頂けたらいいですね。という事で、本日はサイゼリアの株について、分析して頂きました。ありがとうございます。
皆様もお付き合い頂きまして、誠にありがとうございました。

The following two tabs change content below.
株の学校123事務局

株の学校123事務局

推奨銘柄と投資アドバイスで成功体験から学びます! 無駄なお勉強は致しません。損失を限定し利益を出す株式トレードについてのみ勉強する株式投資スクールです。現役プロのトレードトレーナーが秘伝のノウハウを伝授します。
株の学校123事務局

最新記事 by 株の学校123事務局 (全て見る)

-株式投資入門
-,

執筆者:

関連記事

トレーダーのライフスタイルってどんな感じ??

田井中「こんにちは、田井中です。今回は、トレードトレーナーの大場さんにお話を伺いたいと思います。よろしくお願いします。」 大場「よろしくお願いします。」 田井中「聞きたいことがあるんですけど、相場は3 …

株の勝ち組になるテクニカルトレードを学ぶ!

株はギャンブルではなく、ビジネスであり、個人投資家を救いたいという気持ちから泉先生が立ち上げた株の学校123。 今回は株の学校123のシステムと、生徒の声をご紹介します。 123のタッチングシステムは …

株式トレード・日経平均から見る買いに最適な時期とは?

(大場)日経平均の他にどこを見ますか? (生徒)「MACDとボリンジャーバンド。」 その通りです。 順番としては、まず方向線になります。 次に見て頂きたいのは、MACDになります。 授業の中でMACD …

雑誌の評価を見て株を買ってはいけない!

今回は、株の銘柄について、より詳しく分析して頂こうと思います。 株の銘柄は、東証一部では現在、1700~1800銘柄くらいあります。 ・安定性の高い大型株の1つ富士フィルムだが…。 雑誌を見て、良さそ …

株の注文方法(逆指値注文)とは?

株の注文方法には3つありますが、今回は、逆指値注文について、解説していきたいと思います。 ・逆指値注文(買いの場合) 値段を指定する注文方法になります。 今日の株価より高い値段を指定して注文し、翌日以 …