各種セミナーお申し込み専用ダイヤル

TEL:0120-104-451

受付時間: 平日 PM 13:00 〜 PM 18:00

推奨銘柄と投資アドバイスで成功体験から学びます! 無駄なお勉強は致しません。損失を限定し利益を出す株式トレードについてのみ勉強する株式投資スクールです。現役プロのトレードトレーナーが秘伝のノウハウを伝授します。

株式投資入門

株価チャートを押さえて、取引に乗り遅れないようにしよう

投稿日:

ある程度、株に関する知識が身についてくると、次は実際に取引の段階に入りますよね。
取引こそ、株における重要な場面になります。
取引の際、判断が出遅れてしまい、上手くいかなかったという経験を持っている人もいるかもしれません。
今回は、取引のタイミングを見逃さないために、株価チャートの見方について、ご説明しましょう。

株価チャートの理解をしているかどうかがカギになる

株の取引をする際、投資家が必ず参考にするのが株価チャートです。
なぜ重要なのか、その理由を確認しておきましょう。

株価チャートは、株価がどのような状況になっているのか判断するためのものになります。
株について多少なりとも知識のある人は、基本的に上昇トレンドの時であれば、その銘柄を買っても問題ないことを知っていますよね。
株価チャートの状態を見て、現在、上昇トレンドにあるかどうか確認し、今後も上昇が続くと判断できるだけの根拠があれば、買い注文を入れます。

株の運用に慣れてくると、チャートの変化には一定の法則や傾向があることが理解できるようになります。
例えば、テスト勉強でも、出題される傾向が分かると対策がしやすくなりますよね。
株の世界でも、同じことが言えるのです。
特に上級者になると、チャートから株価の流れを判断し、取引の準備や今後の予測を立てます。そうすることで、ベストなタイミングでの取引をしようとするのです。

ベテランの人でも、精度の高いチャート分析ができるようになるのに試行錯誤します。そのため、初心者の人が、「チャート分析が上手にできない」「何をどう判断すれば良いか分からない」と迷っても、最初のうちはそれほど気にすることはありません。
基本的な見方さえしっかりと押さえているならば、徐々に取引の感覚を掴むことができます。
チャート分析の上達に近道はありません。まずは、チャートの基本的な見方をしっかりと勉強しておくことが、精度の高い分析ができるようになるための近道になります。

見るべき動きは3つの項目!取引前には必ず見る

では、初心者が始める際に、最低限見ておくべき項目を確認していきましょう。

まずは、「ローソク足」です。チャートのメインとなるもので、株価の動きを表しています。
ローソクの形に似たローソク足は、状況に応じて胴と呼ばれる部分の長さや色が変化し、左から右へと表示されます。つまり、古いものは左に、最新のものが右端に表示される、ということです。
ローソク足をチェックすることで、株価がこれまでどのような動きをしていたのか、現在の株価がどうなっているのか知ることができます。
まずはこの部分がどのようになっているのかを追っていきましょう。

次にチェックするのが、一番下に棒グラフの形で表される、「出来高」です。
「出来高」の字面を見ただけでは、いったい何を意味しているのかさっぱり分からないという人もいるのではないでしょうか。
出来高は、株の利益ではなく、取引が盛んだったかどうかを判断するものです。
したがって、グラフの数値が高いほど、売り手と買い手の多い銘柄だということになります。
つまり、出来高が高い銘柄=自分が売買したいと思ったタイミングで取引ができる銘柄、ということを意味しているのです。

最後にチェックするのが、移動平行線です。
人気の高い銘柄であったとしても、本当に取引しても良いのか、判断に困ることがありますよね。
移動平均線は、株価がどのように変動しているのかを線で表しており、大まかな変動の状況を読み取ることができます。
そのため、ローソク足と出来高を確認した上で、取引しても本当に問題ないかどうか、より正確な判断をするための材料として利用されることが多いです。

初心者が最低限、見ておくべきなのはローソク足の部分で、基本的に上昇傾向であるならば、取引をしても大丈夫でしょう。
あれもこれもと複数の項目をチェックしてしまうと、勉強にはなりますが、取引のタイミングを見逃してしまったり、かえって混乱してしまうことが多いです。

始めのうちは、基本に忠実に行っていくことがベストでしょう。
それをふまえた上で、少しずつ他の項目を取り入れて、取引をしていくと良いですね。

まとめ

今回は、取引の時期を見逃さないために必要な、株価チャートの見方の基本を解説しました。
株価の動きにはクセや傾向があるため、それを把握するためには、株価チャートの基本的な見方をしっかり理解しておく必要があります。
初心者がまず確認すべきなのは、ローソク足の動きです。最低限この動きが読み取れると、取引での失敗は少なくなります。
自信をもって取引できるようにすることが、上達のためにも大切なのです。

The following two tabs change content below.
株の学校123事務局

株の学校123事務局

推奨銘柄と投資アドバイスで成功体験から学びます! 無駄なお勉強は致しません。損失を限定し利益を出す株式トレードについてのみ勉強する株式投資スクールです。現役プロのトレードトレーナーが秘伝のノウハウを伝授します。
株の学校123事務局

最新記事 by 株の学校123事務局 (全て見る)

-株式投資入門
-,

執筆者:

関連記事

「信用取引」 No5

信用取引には、もう一つの大きなメリットがあります。それは、信用取引を利用すると空売りをすることができるということです。一般的に、株価が下がると損失になると考える人が多いと思いますが、実は空売りをすると …

株をGAMEにする3つの仕組み:テクニカルチャートは最大の武器!?

これが秘密のシステムだ、基礎編2になります。 今回は、”テクニカルチャートは最大の武器になる!“という事について、お話していきたいと思います。 ・チャートが読めれば、プロと同じレベルに 株価が上がる瞬 …

株をGAMEにする3つの仕組み:仕組み

PART3これが秘密のシステムだ、基礎編4にいきたいと思います。 仕組み②③抜けたら買い、割ったら売りということを説明します。 123式タッチングシステムに、さらに仕組みを2つ加えます。 ・仕組み2  …

優良銘柄の見つけ方 No4

大場:こういう時に株を買ってしまうと、なかなか利益を出しにくいのです。 ですから、まず銘柄を選ぶ時は、シンプルに方向線の向きが上を向いている銘柄を選んで下さい。 インタビュアー:はい。 大場:では、今 …

勝ち組トレーダーになるための最高の勉強法!!

みなさんこんにちは。 現役トレーダーの酒井です。 今回は、株の学校123のオンラインスクールの全貌をご紹介します。 オンラインスクールのコンセプトは、1+1+1=無限大です。 無限大とは、無限大に利益 …