各種セミナーお申し込み専用ダイヤル

TEL:0120-104-451

受付時間: 平日 PM 13:00 〜 PM 18:00

推奨銘柄と投資アドバイスで成功体験から学びます! 無駄なお勉強は致しません。損失を限定し利益を出す株式トレードについてのみ勉強する株式投資スクールです。現役プロのトレードトレーナーが秘伝のノウハウを伝授します。

株式投資入門

株式投資で得られる3つの利益と株主優待におけるリスク

投稿日:

株式投資で得られる利益には、3つの種類があります。
“値上がり益”、“配当金”、“株主優待”の3つです。
今回はこれらの株式投資で得られる利益について徹底的に解説し、株主優待に関してはより掘り下げて解説したいと思います。
一口に株式投資と言っても、さまざまな利益獲得方法があることを把握しておきましょう。

値上がり益について

値上がり益とは、自身が保有している銘柄の株価が上昇することによって得られる利益のことを言い、ほとんどの投資家は株式投資において、この値上がり益の獲得を目指します。
“キャピタルゲイン”とも呼ばれます。
つまり購入時よりも株価が上昇したところで売却すれば、売却益を得られるということです。
例えば、ある企業の銘柄を1株500円で購入したとしましょう。
この銘柄を1株800円になったところで売却すれば、1株あたり300円の値上がり益を獲得することになります。
株価は常に変動するものであり、他の金融商品と比べて変動が大きいものであるため、いかに安い価格で購入し、いかに高い価格で売却できるかどうかが、トレーダーとしての手腕の見せ所と言えるでしょう。

配当金について

配当金とは、企業が年間に上げた利益から、株主に還元される資金のことを言います。
“インカムゲイン”とも呼ばれます。
企業の銘柄を保有する株主は、保有株数に応じて、株主総会で承認された金額を配当金として受け取ることができます。
また同じように利益を増加させた企業であっても、それぞれの企業から同じように配当金を受け取れるわけではありません。
株主への利益還元に力を入れている企業であれば、利益を増加させた分配当金の額も多くなることが予想されます。
しかし株主への利益還元を優先しない企業の場合、増加させた利益を投資に回し、配当金の額は例年通りのままとなることもあります。
ただ増加させた利益を株主への利益還元に回さない企業は、企業の利益が多いときも少ないときも、安定した額の配当金を出してくれる可能性が高いです。

株主優待について

株主優待とは、企業の銘柄を保有する株主が、その企業から商品やサービス券、オリジナル商品などを受け取れる制度のことを言います。
つまり株主になることで、その企業のサービスをお得に利用できたり、その企業の商品を手に入れたりできるということです。
受け取った株主優待を金額換算すると、10%近い利回りになるというケースもあり、株主優待の獲得を目的に株式投資をする方も多いです。

株主優待株の探し方とは

株主優待株は、各証券会社などが用意している検索ツールで探すことができます。
ジャンルや権利確定時期、予算などを絞って探すこともでき、クオカードや商品券、割引券やお米、地方特産品などが人気のジャンルです。
ただ株主優待の内容はよく変更になるため、最新の情報がどうかは各企業のウェブサイトで必ずチェックしましょう。
またこれまで株主優待を実施していなかった銘柄が、急に制度を新設する場合もあります。
そうなると、今後株価が上昇することが予想され、なおかつ魅力的な株主優待を実施する銘柄に投資できる可能性が高くなります。

株主優待のリスクとは

企業ごとにさまざまな商品やサービスが用意されている株主優待ですが、株主優待の獲得だけを目的に株式投資をするのは、少しリスクが高いと言えます。
企業の業績、将来性などを分析せず、自分がほしい株主優待の獲得だけを目的に株式投資をしても、株価が下落して損失が出てしまっては意味がないためです。
また株主優待の獲得だけを目的とした株主が増加すると、企業が効率の悪い経営を行っていたとしても、チェック機能が働きにくくなります。
それはすなわち、企業価値の向上をストップさせてしまうことに繋がります。
また株主優待が人気の銘柄は、自分以外にも株主優待の獲得だけを目的とした株主が多く存在することになります。
したがって、もしその株式の発行体である企業が不祥事などを起こしてしまった場合、株主優待目的の株主が一気に離れ、株価が大暴落する可能性があります。

企業が株主優待を実施する理由

そもそも、企業はなぜ株主優待を実施するのでしょうか?
理由として挙げられるのは、“個人株主の増加”を図るためです。
特に“B to B”と呼ばれる企業間取引をメインに行う企業にとって、個人株主を増加させることはとても重要だと言われています。
個人株主が増加すれば、その企業の銘柄は流動性をアップさせることができ、また流動性がアップすることによって、株価が上昇しやすくなるためです。
ただ株主優待は、機関投資家などからはあまり支持されていません。
なぜかと言うと、機関投資家の株式投資における目的はあくまで値上がり益を獲得することであり、利益の一部を株主優待に回すことによって、機関投資家が“株主平等の原則に反する”という不満を抱きやすくなるためです。

まとめ

株主優待は株式投資を行う上での魅力の一つです。株主優待が目的で株式投資をする人もいるくらい人気がありますが、もちろんリスクもあります。また、株主優待は誰でももらえるわけではないことがほとんどで、〇株以上保有していなければならないなどの条件があることも珍しくありません。株主優待をもらいたい、と考えているのであれば、しっかり条件を確認しておきましょう。

また、株主優待目的で株を持ったのは良いものの、その後株価が下がってしまい、せっかくもらった株主優待もあまり意味がなくなってしまった…という話もよく聞きます。株主優待が目的とはいえ、株価にも注意は払いたいところです。株主優待をもらうだけでなく、株価の上昇も狙えるように買うタイミングについても気を付ける必要があります。

株主優待は魅力的ですが、株主優待の内容だけにとらわれず、株価の動向にも目を光らすなど、全体を見ることが大切です。株価も上昇し、株主優待ももらえるというのがベストなので、株主優待によるインカムゲインを狙うのであれば、ぜひとも株の値上がり益であるキャピタルゲインも一緒に狙い、一挙両得となるようにしたいものです。

株主優待クロス自動売買アプリケーション リリース!

まずはこちらをご覧ください。



とにかく、毎月の優待がワンタッチで獲得できます。
他にはないサービスです。

詳細はこちら↓
https://123kabu.jp/course/yutai-cross.html

このアプリケーションは文字通り、株主優待を自動的に取るアプリケーションです。
株主優待は、ある決められた1日だけ保有すればもらえます。
実はこれを知らない方が結構多いんです。
それが「権利付最終日(けんりつきさいしゅうび)」です。
基本的には月末営業日の2日前がその日にあたります。
そして、その翌日を「権利落日(けんりおちび)」と言います。

このアプリは、つなぎ売りを自動的に行います。
つまり、権利付最終日に両建てで通過させ、
権利落日に両建てを品渡しで決済する仕組みです。

料金詳細はこちら↓
初月無料!!
月額:550円
年額:5,500円

使い方は簡単です。
全ての操作をLINEのトーク画面で行います。

まず123のLINEと友達になってください。
https://line.me/R/ti/p/%40bbq0482r

トーク画面に8341と入力してください
投資顧問契約書の電磁的手続きがLINEのトーク画面に表示されますので、
手続きを行ってください。

その後はLINEのトーク画面に自動売買のナビゲーションが表示されますので、
手順に沿って進めて下さい。

ちなみに
このアプリはauカブコム証券さんのシステムと繋がっていますので、
口座開設(信用口座)が必要になります。

詳細はこちら↓
https://123kabu.jp/course/yutai-cross.html

The following two tabs change content below.
株の学校123事務局

株の学校123事務局

推奨銘柄と投資アドバイスで成功体験から学びます! 無駄なお勉強は致しません。損失を限定し利益を出す株式トレードについてのみ勉強する株式投資スクールです。現役プロのトレードトレーナーが秘伝のノウハウを伝授します。

-株式投資入門
-,

執筆者:

関連記事

積み立てNISAの特徴を解説します

“積み立てNISA”は、2018年からスタートした制度で、少額での積立・分散投資を目的としています。 今回は、そんな積み立てNISAの概要、そしてメリット・デメリットについて解説したいと思います。 「 …

信用取引 No8

そこで、今度はそのバックを80万円で買い、友達に返しました。100万円で売ったバックを80万円で買ったので、手元には20万円が残るということです。 空売りもこれと同じなのです。まず、証券会社から株を借 …

需給の崩れを見破り、大相場に乗るためには?

この動画の中では、需給の崩れを捕えるための新たな指標の解説をお話ししたいと思います。 株には、買いと売りしかありません。 相場は常に、買いと売りが綱引きをしている状態になります。 綱引きもそうですが、 …

株の売買における分析の考え方を知ろう~株価の方向性~

株の取引に欠かせないのが、株価分析です。 株の取引では、様々な状況や要素をふまえながら、売買のタイミングを考えていきますよね。 判断する要素は様々ですが、基本的となる見方があります。 今回は、株価の方 …

決算発表で価格が下がる銘柄に空売りを仕掛ける!

今回の動画では、決算発表は空売りの大チャンスという事で、空売りにとっては非常に有利、決まりやすい相場だという事を詳しく解説していきたいと思います。 ・2月3日節分天井 この時期は年間を通して、相場が下 …