各種セミナーお申し込み専用ダイヤル

TEL:0120-104-451

受付時間: 平日 PM 13:00 〜 PM 18:00

推奨銘柄と投資アドバイスで成功体験から学びます! 無駄なお勉強は致しません。損失を限定し利益を出す株式トレードについてのみ勉強する株式投資スクールです。現役プロのトレードトレーナーが秘伝のノウハウを伝授します。

株式投資入門

株の買い方ってどうやるの?

投稿日:

辻「こんにちは、辻瑠奈です。今回は、トレードトレーナーの酒井さんに株の買い方を教えてもらいたいと思います。」

酒井「そうですね、初めてだと株の買い方ってどういうイメージがありますか?」

辻「分からないです。」

酒井「そうですよね、イメージがつかないじゃないですか。」

辻「よく、クリック一つで買ったり売ったりできると聞くので、きっとそうだとは思うんですが、銀行口座のようにハンコを押したり、何かを開設したり、色々と面倒くさいんだろうなというイメージはあります。」

酒井「結局やってみたら色々あるじゃないか、という人もいるでしょう。今回は、やってみたいという方に株の注文の仕方を実際にこの画面で具体的に見てもらいたいと思います。
もう一つは、この株チャートを見てどういうポイントで買えば利益が出せるのかということを見ていきたいと思います。」

辻「お願いします。」

酒井「まず、注文の仕方なんですが、順を追って説明します。まずはどんな証券会社が良いか、ということからです。例えば野村證券とか大和証券みずほ證券とかいろいろあります。これらは大手の証券会社ですが、実はそういう会社の場合、ネット取引など個人の方を募集しているのではなく、大口の機関投資家のような巨額の資金を動かしている人向けのサービスが多いんです。ネット証券という、ネットから注文するネット専門の証券会社が良いと思います。どこか聞いたことがありますか?」

辻「クリック証券?」

酒井「良く知っていますね。何で知っているんですか?」

辻「インターネットの広告で見ました。」

酒井「あの広告で、かなり利用者が増えているみたいです。よく見かけますよね。宣伝が上手いというか。取引手数料がかなり安いんですよね、1回の売買で100円くらいです。100円、200円で売買できるというのはかなり安いですよね。例えば、野村證券さんの場合は1回の取引で1万円とかかかります。」

辻「高いですね。まずそれだけの利益を自分で出せるのかが不安です。」

酒井「1万円、2万円の利益を得る為に1万円、2万円払っていては意味がありません。だから手数料はなるべく安い方が良いんです。だから口座開設する時はネット証券を調べてください。まずは大手のSBI証券、それからカブドットコム、松井証券、楽天証券、ライブスター証券。」

辻「聞いたことないです。」

酒井「ライブスター証券は、現在手数料がおそらく一番安いんです。だいたいこのあたりが、使いやすくて手数料が安いんです。もう一つが、取引ツールというのがあるんです。これは、注文の時にチャートを見るんですが、このチャートを見ながら右クリックなどで注文できるのが、証券会社の中で使える取引ツールということになります。証券会社によって違うんですが、今回はサンプルとして画面のものを見て下さい。」

辻「はい。」

酒井「ではですね、そのネット証券を使ってもらって売買するということで、ちょっと辻さんが買ってみたい株、なんでもいいんですけどありませんか?」

辻「なんでしょうね?」

酒井「車関連、ネット関連、後小売りとか。」

辻「ブライダル関連で。」

酒井「ブライダル関連だと何がありますかね?はい、TAKE and GIVE NEEDS!」

辻「T&Gなんですね。」

酒井「そうなんです、大体省略形が出てくるんです。ではチャートを見てみましょう。」

辻「下がっている」

酒井「わかりやすいですよね、下がっているということがチャートを見れば一目瞭然でわかる。まず今現在は下がっているんですが、今後どうなのかということですよね。このまま下がっていくのか、ここから上がっていくのかはまた別の話ですよね。このチャートよりも、未来のことを考えていかなくてはいけない。将来上がるであろうという予測を基に、買っていくというのが株取引です。まあ、パッと見て下がっているのはわかりますよね。とりあえず、今回は注文の方法ですよね。今現在の株価、この板を見てみると、1株1,228円で買うことができるということです。そして小数点があるので、100株が1単元です。ということは、122,800円で買えるということです。実際には、その価格で買いますという指示を、証券会社に出さないと買えないんです。今いくらで買えるのか、見える範囲で今わかりました。では、今から実際に注文を出してみたいと思います。ここが聞きたいところですよね。」

辻「どこでどこに何をしたらいいんですか?」

酒井「今日は、サンプルとして松井証券にログインして、注文するというところまでやってみたいと思います。では松井証券を立ち上げてありますので、やってみましょう。だいたいどこの証券会社でも、自分の口座番号とパスワードを入れてログインすると、今日の株式市場のニュースや株式取引という項目があります。まずは株式取引っていうところをクリックします。では、マウスを渡しますので、実際にやってもらいましょう。」

辻「緊張します。」

酒井「ここですね。現物買いというところと信用新規というのがありますが、最初はどの証券会社でも現物買いからですね。現物買いをクリックします。現物買いが開きましたね。とりあえず何が必要か、ここを見てください。」

辻「銘柄名・銘柄コード?」

酒井「これは、例えばTAKE and GIVE NEEDSを今買いたいんですよね、ここにTAKE and GIVE NEEDSと打てば、それを注文する画面が出てくるんです。でも長いからめんどうですよね。カタカナだとどうなるかとか。その時は、先ほどの画面を見てください。T&Gニーズとなっているので、これでもいいのかと迷いますが、名前の前を見てください。ここに番号があります。これが、この会社の証券コードです。この番号は、企業それぞれに1つずつ付けられているので、これを先ほどの検索に入れてみてください。そうすれば、注文画面が出てくるんですね。注文方法も色々ありますが、まずは基本です。この通常という項目を選んで、順番にどういう風に買いたいのかを聞かれていきます。どの証券会社でも、こういう風になっています。まず取引区分は現物買い、口座区分は一般しかないのでこのまま、市場は東証しか表示されていませんが、実は名古屋の証券取引所、名証、札幌証券取引所は札証、昔は大阪にもあったんですよ。今でも一応ありますが、大阪は大証です。実は数年前に、東証と一緒になってしまったんです。株を売買するには、大阪ではなく東京でしかできません、となっています。ここは大体東証です。問題はここからです。株数、ここです。」

辻「100株から買えるんですよね。」

酒井「よく覚えてますね。100と売ってもいいんですが、この三角をクリックすると100と出ます。もう一度クリックすると、100株ずつ増えていきます。ですから、キーボードを使わなくてもできるんです。ではこの下です、これは少し難しいですよ。値段のところにある指値と成行ですが、迷いますよね、これで。口座の注文の仕方なので、指値と成行の違いを説明します。指を差すと書いてある指値は、幾らで買いたいかを指定して市場に注文を投げるものです。今の値段はいくらかというと、先ほどの画面にあったように1,228円です。自分が買いたい価格を指定するので、株を買う時はなるべく安く買いたいですよね。ということは、1,228円よりも低い値段のところで自分が指した値で注文するんです。例えばこれは、自分が1,221円で買いたいと注文しているんです。成行は、ここにチェックを入れます。それで注文できます。成行は、値段を指定しません。これは、今の値段で買うことになります。値段が動くから、もう上がっちゃうという時にすぐ欲しければどうするかというと、

辻「どうしても買いたい時は、成行なんですね。ちょっと迷っているというか、この値段なら買ってもいいという時は指値ですね。ここに出ている、値段が出ているのはみんな指値ということですか。」

酒井「指値です。成行はすぐに注文が約定、処理されてしまうので、値段もすぐ変わります。でも指値の場合、すぐには注文が約定されないので、こうして待っているんです。優先順位としては、成行の方が先です。」

辻「わかりました。じゃあ、もう買うって決めた時だけ、成行なんですね。」

酒井「そうです、違いが分かったじゃないですか。すぐに買いたい時は成行、ちょっといい条件で買いたい時は指値、わかりましたね。でも、今後は指値だけです。」

辻「何でですか?」

酒井「成行は危ないんです。例えば、この日産自動車のチャートを拡大してみると、この黒い資格があります。朝は、1,040円で高かったんです。でも、夕方に1,020円まで値下がりしているんです。例えば、100株買っている場合は2,000円損しています。朝、とにかく買いたいと成行で注文していると、朝の値段で買えてしまいます。それだと損してしまいます。100株ならまだしも、これが1,000株とかだと損失も大きくなります。だから、幾らで買えるのかわからない注文というのは、非常に危ないんです。」

辻「この値段ですよね?これは変わるんですか?」

酒井「朝9時から午後3時までは、株式市場が開いています。実は、その間この値段は刻々と変化します。今のように市場が閉じている時でも注文は出ていますが、値段は動いていないんです。それで、市場が開いたときにいきなりこのように値段が上がることもあります。前日に買っていたら、すごい儲けになりますよね。

辻「何か新車が出た、とかでしょうか?」

酒井「そういうのもありますが、この場合は決算があったんです。決算は3時以降に発表されるので、この前日に決算が発表されているんです。夕刊にも載るし、ニュースでも『日産自動車、過去最高益』とか、出たりするんですよ。株の初心者は、こういうニュースを見ると『日産自動車を買ったら上がるんじゃないか』と考えてしまうんです。」

辻「私も今、そう思いました。」

酒井「そうですよね。それで、そういう時は成行で買うんです。」

辻「成行だと、昨日市場が閉まった時の値段で買うんですよね?」

酒井「違います。次の日の9時時点の、始まりの値段で買うことになります。8時59分まで表示されているのは昨日の最後の値段ですが、9時に売買されるのはまた違うんです。」

辻「では、幾らになるかはわからないんですか?」

酒井「人気が集まっちゃうと、一気に値段が動くんです。」

辻「そうなんですね。何で成行ボタンがあるのか分からなくなりました。」

酒井「これ、実は、ロスカット注文に関係があります。株価が下がってしまった時に、損切りのために売らないといけないんですよ。そういう時は成行注文で、幾らでもいいからとりあえず売る。」

辻「では、買うときには使わないボタン?」

酒井「その通りです。これは非常に大事です。では、成行じゃない方をやってみましょう。1,221円で買うんでしたよね?その下は?」

辻「執行条件?」

酒井「そう、執行条件。これには色々ありますけど、最初のうちは分からないので、なしでいいです。その下に有効期間というのがあります。当日や週末までというのがありますが、当日は今日だけということです。株式市場は、朝9時から午後3時まで市場が開いているので、当日は、その日の午後3時まで注文が有効、ということです。基本的には、その日ごとの相場を見て判断したいので、当日でいいかなと思います。この下ですね。他にも色々ありますけど、分からないときは、なしで大丈夫です。で、“現物買”を選びます。大事なのは『何株買うのか』と『いくらで買うのか』の2つです。後は、“なし”と“当日”を選びます。で、注文を確認します。」

辻「こうやって説明してもらうと、出来そうですね。『いくらで何株買うか』だけ、決めていれば大丈夫ですね。」

酒井「そうです。じゃあちょっと、一つ売買の方法をしてみましょうか。例えば今、ここにソフトバンクと入れてあります。チャートの中で右クリックしてみると、注文メニューが表示されます。」

辻「さっきの画面を出さなくても、チャートを見ながらクリックだけで注文出来てしまうんですね。」

酒井「簡単ですよね。だから、ここでも銘柄コードを入れるだけで簡単に注文できます。」

辻「押し間違えてしまうことはありませんか?」

酒井「あります。間違ってしまったら、取消を押してください。でも、なるべくなら間違えたくないじゃないですか?そういう時はどうするのかというと、『ファーストリテイリング、100株』という風に、指差し確認をするのです。最後は自分の目で、指で、差しながら確認します。じゃあ、今から指値を使って、どうやって利益を追求していくのかという事をお見せしたいと思います。今、銘柄を一つピックアップしました。このチャートの中に一本、ある売買の指針となるラインが引いてあります。この緑色のラインがそうです。」

辻「これですか?」

酒井「はい、これです。私たちが方向線と呼んでいる線で、移動平均線というものなんです。辻さんが今から株を買うのでしたら、株価がこの方向線に触った時に買って下さい。」

辻「何故ですか?」

酒井「タッチしたところで買ったとします。その後、株価どうなっていますか?」

辻「上がっている。」

酒井「そうです。上がっていますよね。」

辻「じゃあ、タッチしているところが、一番安い値段で買えるという事ですか?」

酒井「この流れの中で一番安いところで買えるのです。」

辻「タッチしてから下がることはないのですか?」

酒井「あります。だけど、このチャートをずっと見ていたら、大体この辺で買っていれば、儲かりそうじゃないですか?だったら、やってみるべきなんです。でも、下がってしまうこともあります。その時はどうするかというと、ロスカットします。こういう事をきっちりやっていくと、このように方向線が上がっている時に、大体儲けることができます。もちろん、そうならない時もありますので、その時は売ってしまう。こんな風にルールを決めて、ここに来たら買うのです。今の株価900円ですが、ここにきたら買うので…。」

辻「今は買ってはダメですね。」

酒井「そうですね。このラインは874円を指しています。このときに使うのが指値注文です。でも、いつそのラインにくるのかはわかりません。本日中か、週末までと期間を指定することも可能です。では、注文してみましょう。方向線はチャンスラインみたいなものなんですよ。」

辻「分かりました。」

酒井「分かりやすくないですか?」

辻「値段の設定方法が分かりました。曖昧に、今の値段を見て、それよりちょっとだけ低いという事ではないのですね。」

酒井「そうなんです。しっかりとルールを持って売買するというのは、こういう事なんです。指値を上手く使うことによって、自分の希望したところで買うことが出来ます。簡単ですよね。」

辻「株数を決めて、指値を基に方向線を決める。これがポイントです。よく分かりました。」

酒井「よく分かりましたか。ありがとうございます。」

辻「株の買い方について、教えて頂きました。ありがとうございました。」

The following two tabs change content below.
株の学校123事務局

株の学校123事務局

推奨銘柄と投資アドバイスで成功体験から学びます! 無駄なお勉強は致しません。損失を限定し利益を出す株式トレードについてのみ勉強する株式投資スクールです。現役プロのトレードトレーナーが秘伝のノウハウを伝授します。
株の学校123事務局

最新記事 by 株の学校123事務局 (全て見る)

-株式投資入門

執筆者:

関連記事

セクターを活用した銘柄発掘法!!

今回は、セクターの見方や考え方について、やりたいと思います。 ・セクターとは? これは、業種の事を言います。 業種の分類は、33業種になります。 セクターのチャートを、ネットストックトレーダーで見る事 …

雑誌で高評価の株を実際にチャートで見てみたら…

和田:皆さんこんにちは、本日は株の学校123の坪倉講師にお越し頂いております。今日もよろしくお願いします。 和田:株って深いですね。 坪倉:深いですよ、突き詰めれば色々ありますからね。ですが、難しく考 …

専業トレーダーとして生きていくということはどういうことか

専業トレーダーとしての人生とは、生涯、株式やFX、不動産などに投資をして生きていくライフプランになります。 中には「投資で生活していくなんて危ない」「デイトレードはギャンブルと同じ」といったネガティブ …

株はギャンブル?

・株はギャンブルではなく、株はビジネスになる 株をギャンブルだと思われている方は、結構いらっしゃると思います。 実際に、セミナーや質問会でお話しすると、「ギャンブル」「怖い」というイメージを持っている …

株価チャートを押さえて、取引に乗り遅れないようにしよう

ある程度、株に関する知識が身についてくると、次は実際に取引の段階に入りますよね。 取引こそ、株における重要な場面になります。 取引の際、判断が出遅れてしまい、上手くいかなかったという経験を持っている人 …