各種セミナーお申し込み専用ダイヤル

TEL:0120-104-451

受付時間: 平日 PM 13:00 〜 PM 18:00

推奨銘柄と投資アドバイスで成功体験から学びます! 無駄なお勉強は致しません。損失を限定し利益を出す株式トレードについてのみ勉強する株式投資スクールです。現役プロのトレードトレーナーが秘伝のノウハウを伝授します。

株式投資入門

株でなぜ大損するのか?

投稿日:


辻「株っていうと、すごい株価が暴落したり、何千万円損したりとか、すごく怖いイメージがあるんですが、実際に大損することって実際にあるんですか?」

坪倉「実際に大損されている方はおられるんですよね。で、大損された方って、どういうわけか人に言いたいのかな?すごく儲かったという話は、日本人だけではないのかもしれませんが、意外と言わないですよね?」

辻「『奢って』とか。」

坪倉「そう、言われそうなイメージですよね。でも、大損した話って、言いたがる人が結構いるんですよ。」

辻「聞いた人は、『え?本当に?』みたいな感じで広めるから、尾ひれが付いて、話が大きくなってしまうんですかね?」

坪倉「あの人、こんなに損したんだって、と尾ひれが付いて大げさな話になることはあります。でも、大損されている方って、実際には結構多いんですよ。損する人によって損失の大きさは、小さなものから大きなものまで色々ではありますが、損している投資家は全体の8割から9割程度いると言われているんです。」

辻「そんなにですか?」

坪倉「そんなにいるって言われているんですよ。」

辻「じゃあ、株って成功しないんじゃないですか?」

坪倉「いや、そんなことはないです。確かに9割の人は負けていると言われていますけど、ちゃんと正しいやり方が分かっていれば、利益を残すことはできるんです。ですけれども、正しいやり方をしていない人があまりに多くて、負けている9割の人によくよく話を聞いてみると、むちゃくちゃなやり方をしていることが多いんですよ。むちゃくちゃというか、ルールがないんですよ。まず、大損する人の典型的な例なんですが、ロスカットってわかりますか?」

辻「ロスカット?」

坪倉「そう。株って上がりますよね?でもその一方では、下がります。買った値段よりも上がってくれれば儲けが出ますけど、下がると損が出てしまうわけです。ところが、本来は自分の中でルールを決めて、ある程度下がった場合は、『これ以上下がったら一旦手放す』という行為をしなくてはいけないんです。それ以上損が膨らまないように、一旦手放してしまうことをロスカットと言って、ロスカットは僕らが非常に大事にしているルールなんです。」

辻「では、大損をしている人は、そのロスカットをしていないということですか?」

坪倉「ロスカットをしていない人が、非常に多いんです。」

辻「じゃあ、ロスカットをすることで大分リスクは減りますか?」

坪倉「相当減ります。株って、実は儲かるときは一気に儲かったりするんですよね。ビックリするくらい株価が暴騰して、『え?こんなに儲かったの?』って思う瞬間が来るときもあるんですよ。大体、投資をやられている方、トレードをやられている方は、そういう経験を一回はしているはずです。ただ、株は儲けやすい側面がある一方で、大損もしやすい。で、その大損を自分で止められないんですよね。」

辻「それは何でですか?」

坪倉「何故だと思います?例えば、買った株が下がりました。今、これを手放すと明らかにマイナスです。どういう心境になりますか?」

辻「やっぱり、もとの値段に戻るまで待ちたいですね。」

坪倉「そうですよね?そうなんですよ。多くの人が、『今はマイナスだけど、きっと自分の株は元に戻るだろう』と、思うわけですよ。そうすると、今株価がどんどん下がっているのを見ても、何も出来ないんです。」

辻「今、売っても損するだけですもんね。でも、損が膨らむ可能性も秘めているということを忘れちゃう。」

坪倉「そうなんです。忘れちゃうんです。毎日値下がりしていったとしても、何も出来ないんですよ。」

辻「精神的なところなんですね、大損っていうのは。」

坪倉「そう。メンタル的なことです。しかも株は、損が膨らめば膨らむほど、ますますロスカット出来なくなります。」

辻「じゃあ、損することは今後もあるかもしれないけれども、ロスカットが出来れば大損はしないんですね。」

坪倉「そうです。なくなります。だから、僕らはちゃんとルールを決めて、損失がまだ少ないうちに、手仕舞って撤退するんですよ。そうすることで、大損を防いで、損失を小さく抑えていくという事をやっていくんですね。そうすることで、逆に儲けが残るんです。株は“ドン!”と儲かる瞬間もありますので。」

辻「『損をどれだけ減らせるか』というところに重点を置くのが、すごく大事なんですね。」

坪倉「そうですね。そこがすごくポイントなんですよ。だから、株で大事なことは、まず大損しない。ロスカットをちゃんとする。これが出来ると、利益が残り始めます。みんな、儲ける方に意識がいきすぎなんですよ。」

辻「損はするものだという風に思っておいて、その損を大きくしないようにすれば、勝っている分、今まで儲けている分も残るから、小さい損は見逃していこうということですね。」

坪倉「そうです。小さい損に対して僕らがどう考えているかというと、損を損と思っていないんですね。経費だと思っているんですよ。どんなビジネスをやるにしても、必ず経費はかかりますよね?」

辻「確かに。」

坪倉「儲けばかりではないですよね?出て行く分がありますから。」

辻「スーツも用意して、手土産も用意して、商談に行って、交通費をかけて、という風に思うって事ですね。」

坪倉「すごく具体的ですね。そうなんですよ、まさに。だから、株をビジネスとして考えた時に、そういう経費は必ずかかってきますから、小さな損失は僕らにとって経費なんですよ。かかって当たり前のものだから、そういうものが積み重なっても、それは経費として頭の中で処理しているので、その経費を上回る利益をちゃんと残すことができれば、トータルの収支はあいますよね。」

辻「株は、家の中で取引するから経費がかからないと考えてしまうからこそ、経費という概念がなくなってしまいますよね。それを逆手にとって、『どんな仕事であっても、コストは必ずかかるので、それについては諦める』と。」

坪倉「そうですね。諦めるというか、割り切る。ビジネスとして考えるということです。この考え方が、株をやる上で非常に重要です。」

辻「発想の転換が重要ですよね。」

坪倉「重要ですね。ですから、株で大損するのが怖いという人は、株をビジネスとして捉えられていないんです。むしろギャンブル、競馬なんかと一緒に考えているんです。」

辻「確かにそうかもしれないですね。」

坪倉「例えば、100万円の投資資金があったとして、競馬に100万円突っ込んでもし負けたら、100万円がパーになりますよね?ですが、株で100万円の株を買ったときに、自分の中で『これ以上値下がりしたら、もうロスカットしましょう』というように、一定のルールを決めておけば、例えば100万円が90万円くらいまで減ったとしても、そこまでで止めておけるんです。ちゃんとやっていれば、100万円分買ったとして、その100万円が全部無くなってしまうことは無いわけですよ。そこが、ギャンブルと株の大きな違いです。だから、そこをちゃんとわかって出来るかどうかが重要です。ロスカットできないと、確かに怖いです。」

辻「じゃあ、ギャンブルにしないポイントは、『ロスカットをきちんとする』ということですね。」

坪倉「そうです。ロスカットをきちんとして、そのロスカットのルールをきちんと決めて、これを実行する、ということで、実は株は全然怖くなくなります。」

辻「心に留めておきたいと思います。」

The following two tabs change content below.
株の学校123事務局

株の学校123事務局

推奨銘柄と投資アドバイスで成功体験から学びます! 無駄なお勉強は致しません。損失を限定し利益を出す株式トレードについてのみ勉強する株式投資スクールです。現役プロのトレードトレーナーが秘伝のノウハウを伝授します。
株の学校123事務局

最新記事 by 株の学校123事務局 (全て見る)

-株式投資入門

執筆者:

関連記事

空売りをする!信用取引を迷っている方へ

今回も、視聴者の方からの質問に、お答えしたいと思います。 Q.「信用取引について、怖いイメージがありますが、実際のところどうなのですか?」 ・信用取引とは 通常株を買う時に、100万円の資金があった場 …

講師紹介

東日本各地で展開している株の学校123は、ベーシックコース、マスターコース、デイトレコースの3つのコースがあり、これまでにも多くの強い投資家を育成してきました。 地域ごとに配置された専任の講師は、代表 …

投資家育成プログラムをお見せします。究極のスクリーニング法

みなさんこんにちは。 株の学校123の酒井です。 今日は、株の学校123が生徒さんのために配信しているシステムトレード銘柄情報サービスという銘柄配信サービスである、STSサービスの一部をお見せしようと …

一日で数十万円獲れることも・・

ツチヤさんは、株を始めてどれくらいですか? (ツチヤさん)「本格的に始めて3カ月ちょっとです。」 123に入ったのは、いつくらいですか? 「今年の1月20日です。」 株を始めたのと、123に入ったのは …

動いているチャートを観てみよう!!

今回は、実際に動いているチャートを、皆さんにお見せしようと思います。 今は、実際に相場が動いている時間帯になります。 時間帯は、平日の9時~11時30分までが前場と言い、12時30分から~15時までが …