各種セミナーお申し込み専用ダイヤル

TEL:0120-104-451

受付時間: 平日 PM 13:00 〜 PM 18:00

推奨銘柄と投資アドバイスで成功体験から学びます! 無駄なお勉強は致しません。損失を限定し利益を出す株式トレードについてのみ勉強する株式投資スクールです。現役プロのトレードトレーナーが秘伝のノウハウを伝授します。

株式投資入門

株の保有期間はどれくらいか?

投稿日:

辻「投機と投資。投機ってなんですか?」

酒井「投機というのは、マネーゲームみたいなものですよ。買って利ザヤを稼ぐっていうね。値上がりを期待して買うという行為は投機ですね。投資っていうのはなんだろう。」

辻「その企業に期待して、みたいな?」

酒井「もちろんそうですね。」

辻「頑張って欲しいみたいな。」

酒井「そうですね。株主だという意識をもって買うという。」

辻「何かすごく哲学的な話ですよね。」

酒井「言い方はね。でも、何十億、何百億とあったら、ほとんど投資になるわけですよ。お金がそれほどなかったら、投機になります。“資産運用”と言うじゃないですか?でも、資産なんて無いからね。」

辻「そうですよね。」

酒井「資産運用に10万円というなら、その場合は投機の方がいいんですよ。資金運用っていって10万をいかに12万にして、15万にして。15万になったらちょっといいじゃないですか。その15万円を元手にして20万に、倍にと増やしていけるのが投機なんですよね。そういう風に考えてやりましょうというのが、テクニカルにトレードをやっていく一つの醍醐味ですよね。『投資だ』と言いますが、投資は出来ません。億あったらいいですよ。大体はそんな事はないので、投機で運用しながら、億になったらいいじゃないですか?そこから投資を始めればいいと思います。これ撮ってる?撮ってない?あ、撮っています?」

辻「本当ですか?」

酒井「普通に話していましたね。撮っていないと思っていました。」

辻「私も撮っていないと思っていました。」

酒井「じゃあ、続けましょうか。でも、いい話しているね。撮ってないと思っていたら撮られていたという。よろしくお願いします。」

辻「いつの間にかね。」

酒井「では、投資と投機。では、投資ならどうなるかというと、保有期間は長くなりますね。その企業の成長を考えながら、業績の推移を見ながら投資をする人というのはね。利益を残すのが企業の役割なので、企業は利益を残さないといけないわけですよ。利益を残す、その度合いをどう増やしていくか…ということが、企業の一番に考えないといけない事なんですね。利益の伸び方、そして、経済環境に合わせた経営のやり方をしているかどうか分析して、『この企業がいいな』と思って、その企業にお金を出して使ってもらって、利益を上げてもらう、と考えてやるのが投資です。これをやるには、やはりお金がいりますよ。何億、何十億というお金をつぎ込む場合もありますね。」

辻「志も必要そうですよね。」

酒井「そうですね。例えば、一億、二億とか、その企業の株を買って投資しているとなると、株主としては大きくなってくるわけですよ。そうなると、また色々な情報が回ってくるわけです。ですから、それはそれで楽しい醍醐味ですよ。もうひとつ、投機というのがあるんですが、先ほど少し触れたように短期で資金を回して、利ザヤを稼ぐっていうんですけど。買って、高くなったら売り抜いて、利ザヤを稼ぐ。言わば “マネーゲーム”みたいな感じです。投資資金が、何十万とか、せいぜい百万とかそのくらいだと、投資をしようと思ってもそれほど影響力がないわけです。そうなると、やはり、買って上がったらすぐに、とはいっても2,3日とか、1週間2週間とかで売って、それで株価が上がって100万円が105万円になったとしたら、嬉しくないですか?」

辻「嬉しいです。」

酒井「嬉しいですよね?すごく嬉しそうですね。今、リアルに想像しましたね?105万が今度は110万、120万になっていく。100万が120万になったら嬉しいですよね?こういう感じで少しずつ稼いでいくのが、投機のやり方です。別に、投機がいけないわけではなくて、やり方をしっかり学んで、1万でも2万でも稼いでいくんです。投資の場合、稼ぐ額が何百万とか、何千万とか…」

辻「規模が違うんですね。」

酒井「そう、規模が違うんですよ。それを狙っていくんですが、100万円を何千万と稼ぐことはすぐにはできないので、投機によって回していく事が大事ですよね。投機で回す方法をやるには、今ここに見えている“株式チャート”というものを使います。投機という言い方もなんですが、私たちの場合は“トレード”と言っていますけど、資金が少ない方も、トレードで少しずつ増やす事が出来ます。保有期間は、2~3日という場合もありますし、長い場合は1~2ヶ月ということもありますけど、出来るだけお金を回したいので、短期で回します。短期でやると、リスクが全くないわけではないですが、少なくなるんですよ。」

辻「短期だと、どんなリスクが減るのですか?」

酒井「例えば、いいなと思って買った株を1年くらい持っていたとします。1年後、3年後に伸びるだろうと思って買ったものが、1年後に非常に業績が悪くて、株価が低迷したとします。そうなる事は、1年前には想像出来ないですよね?1年後の事は分からないです。でも2、3日後の事は、大体分かるじゃないですか?例えば、株価が上がっているチャートを見て、『上がり始めたな』というのは大体分かるんですよ。そこで、買いますよね。株は2、3日で上がるんです。そこで売り抜けば、1万2万と稼げるんですよ。そして、また次の銘柄にいって、同じように1万2万稼いでとしっかりやっていけば、短期で稼ぐこともできるわけです。ですので、買った時から1年後と言われると、分からないんですよ。」

辻「全然分からないですね。じゃあ長く持っている方がいいとか、短いからいいとか、そういうのは考え方の違いということですか?」

酒井「そうですね。」

辻「どちらがいいというわけではなくて?」

酒井「はい。長く持てばいいという事ではないです。ただ、上昇トレンドが発生するときがあって、『今の局面なら、この銘柄はなるべく保有しておいた方が、利益が上がる』という形があるんですね。そういうものを見つけた場合に関しては、なるべく長く保有する事も出来ます。今、適当に表示しましたけど、この方向線という緑色の線を基準にトレード、いわゆる投機ですよね、これをやろうとするのですが、この線を下から抜けたら買うんですよ。例えばこの日に買います。逆に、緑色の線を上から下に抜けてしまったら、売ってしまうんです。このルールを基準に考えた場合、この日に買いますよね?この緑色の線を下回るまで、そのまま持てばいいのです。では、この日に買ったとします。これが、5月の末から6月くらいです。6月の頭から持ったとすると、今現在、株価は方向線を割り込んでいません。という事は、つまり、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月保有しているわけですよね。割り込んでないので、売る必要がありません。こういう風に、株の投機を戦略的にやっていくわけです。株価が方向線を抜けたら買います。で、今現在保有しているわけですが、どれくらい上がったかというと、6月の始めに780円くらいだったのが、今900円ぐらいなので、120円上がっているわけです。プラス120円ということですね。この銘柄は1,000株単位ですので、1,000株買うとすると、120円×1,000なので…これいくらか分かります?」

辻「1万2千?」

酒井「1万2千…ですかね?」

辻「そこに、0が2つ。」

酒井「120かける1,000なので、0が4つつきます。12に0が4つつくと、12万。つまり、12万円稼げているわけですよ。1,000株買ってね。」

辻「例えば、ここからここまで3ヶ月間ずっと持っていたという事実は一緒だけど、毎日きちんと動きがどうなっているのかを見ていた結果が、3ヶ月だったというだけですよね。長く持っているというと、買った後は3ヶ月間放置したままで良いのか、というニュアンスになるんですけど、やっぱり毎日チェックを繰り返した結果、3ヶ月持っていた、ということなんですね。」

酒井「そうです。結果として、今持っていますよ、というだけなんですね。」

辻「じゃあ、見続けるという事は変わらないですね。」

酒井「変わらないです。これは、どういう見方をしているかですよね。しっかり動きを見ながら持っているのか、それとも、何となくもっているだけなのか。つまり、この株が好きだとか、友人から勧められて買ったとか、証券会社から言われて買っっちゃって今も持っているとか、そういうことではないですよね?戦略的にここで買って、売るポイントも決めている。その結果、そのポイントがなかったので、今現在保持しています、儲かっています、という話なんですね。」

辻「じゃあ、変わらないのですね。長く持つ場合も短く持つ場合も、法則があって、その法則にはまればずっと持っているし、はまらなくなった時には手放す。その長さが長かったか、短かったかという感じでしょうか?」

酒井「そうです。ですから、私達のやり方というのは、基本的に期間は決めないんですよね。いつ方向線を株価が割り込んでくるかなんて分からないわけですから、チャートをしっかり見るわけです。このチャートは株価が下がってきて、『あぁ、割り込みそうだな』と思っても、実はまだ方向線を割り込んでいないんですね。でも、株価がこれだけ上がっていますので、持っていて結果的に良かったんですね。数日で下がってしまう事もあります。例えば、この辺なんて危うかったですよね?割ってしまうこともあるんですが、その場合、売ったとしても買ってすぐなので、そんなに損しません。この後、この線は上がっていますので、株価がこの線を割り込んで売ったとしても、利益は出てきますからね。」

辻「じゃあ、持っている長さでは語れないという事ですね。」

酒井「そうです。どれだけ持っているから、儲かっているという事はないんです。いかに戦略的に買って、売ることができるかです。我々個人投資家は、こういうやり方で稼いで、少しずつ資金を大きくして、後々は投資をしていきましょう、という事だと思います。」

辻「はい。よく分かりました。ありがとうございました。」

酒井「ありがとうございます。」

The following two tabs change content below.
株の学校123事務局

株の学校123事務局

推奨銘柄と投資アドバイスで成功体験から学びます! 無駄なお勉強は致しません。損失を限定し利益を出す株式トレードについてのみ勉強する株式投資スクールです。現役プロのトレードトレーナーが秘伝のノウハウを伝授します。
株の学校123事務局

最新記事 by 株の学校123事務局 (全て見る)

-株式投資入門

執筆者:

関連記事

株主優待目的で買った株が下がってしまった…そんな時の対応は?

株主優待目的の投資は、多くの投資初心者にも実践されている投資法です。 ただ株主優待目的の投資家は長期保有をするため、株価下落の場面に遭遇する可能性が高くなります。 そのような場面に遭遇したとき、株主優 …

「株の買い方」 No1

(辻)こんにちは、辻瑠奈です。今回は、トレードトレーナーの酒井さんに株の買い方を教えてもらいたいと思います。 (酒井)そうですね、初めてだと株の買い方ってどういうイメージがありますか? (辻)分からな …

株をGAMEにする3つの仕組み:トラップライン

これが秘密のシステムだ、応用編PART5になります。 今回は、滑り止めになるのがトラップラインだという事を、解説していきたいと思います。 トラップラインは、ロスカットする際に使うラインになります。 「 …

信用取引 No5

今回は、信用取引の説明の続きになります。 手数料は、SBI証券であれば、例えば100円とかになります。 何百円の世界になり、全然違います。 そもそも3万円くらいで始めて、手数料が1万円くらいだと違いま …

短い時間で効率よく!~デイトレで高額時給を稼ごう!~

デイトレードと聞いて、あなたはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか? たくさんのモニターでよくわからないグラフを一日中見つめているようなものではないでしょうか? 実はデイトレではずっとパソコンと …