損限利大(そんげんりだい)=損失限定利益拡大
損失を限定して、利益を拡大していくというトレードの仕組みを作りました。

はじめに

「私が買ったら、なぜか下がるんです。誰か見てるんですかね?」

トレンドを読む時代は終わった、もう相場の方向を当てに行く裁量の時代は終わったのです。
相場には順張りと逆張りという考え方がありますが、このトラップトレードの最終形は両張りです。

もちろんチャートを分析して、動きそうなポイント(期待値が高い)で、仕掛けるのですが、どんなに分析しても予想が外れて逆に大きく動く場合があります。

しかしトラップは、その場合も作動して利益を取りに行きます。
両張りは、予想が外れた場合も有効です。

裁量、順張り、逆張りなどという考え方は、もう過去の遺物です。

トラップトレードとは?

まず、罠を仕掛ける場所を決めます。

これは期待値が高い値をテクニカルチャートを使って探します。
「エントリー値を決める」という事です。

決めたら、そこに罠を仕掛けます。
罠は「ロスカット幅」と「利益確定幅」です。
この幅を設定したら、後は手仕舞うまでほったらかしです。
ほったらかしというと、聞こえは良いですが
設定後は、もう自己裁量を使わないという事です。

この「自己裁量を使わない・考えない」という
事が重要です。



「裁量でトレードしてはいけない」というゴールデンルール

「人は失うものを強く恐れる性質」があると言っています。

利益確定:人は利益が出たら、利益を失いたくないから利益確定してしまう

ロスカット:人は損失が出ると損失を確定させたくないので、ロスカットできない利益確定もロスカットもほとんどの人は上手くできないという事です。

要するに「人間は負けやすい本能を持っている」という事になります。
理屈は解っていても、人は非合理に動いてしまうのです。

という、事を踏まえて、どのようにトレードするか?



仮説と検証

まず仮説を立てます。

仮説を立てる為に、もちろんある程度の知識が 必要なので勉強します。

後は、その仮説が正しいか実行して検証します。

この仮説が「ロスカット幅」と「利益確定幅」です。

仮説通りに実行しなければ、検証が出来ないので注意してください。



ロスカット幅の設定方法

テクニカルチャートでルール通りにロスカットポイントを決定します。
そこで、いくら損するかが明確になります。
その損失幅が「ロスカット経費」です。

そこで、
この「ロスカット経費」をこのトレードに支払えるかどうかを考えます。

これが投資での損失リスクです。
しかし、これにより損失は限定されます。

重要な事は、ここで損失を限定してしまう事です。



利益確定幅の設定方法

これは前後の始値からの高値安値の幅から決めます。

・買いならば、始値から安値の幅
・売りならば、始値から高値の幅


を目安にします。

この適切な幅は、実際トレードをして検証します。
利益確定幅でトレードが動き始めた時は、もう損失が出ない状態なので、損失リスクも小さくなっています。

あとは、利益確定幅の検証です。
上手く利益を伸ばしてくれる幅を見つけます。



最終形態「両張り」

そして最後に「両張り」です。
トラップトレードの最終形態は「両張り」です。

エントリーは期待値が高い方へ仕掛けます。
ただ、相場には「ドテン」と言って、期待値とは逆に動くこともあります。

この逆に動いた時も、仕掛けてトレードする方法が「両張り」です。

もうトレンドを追いかける投資法は過去の遺物となりました。

追尾型トラップナビゲーション検証

注:これはナビゲーションアプリです

お申し込みに関して

☆追尾型トラップナビゲーション
ご利用料金は月額5,500円(税込)です。

申し込みの流れ(スマホの場合) ※推奨

使い方は簡単です。
全ての操作をLINEのトーク画面で行います。

まずLINEの「追尾型トラップナビゲーション」と友達になってください。

友だち追加
トーク画面下にメニューがありますので、
「新規申込」をタップし手続きを行ってください。

その後はLINEのトーク画面に「新規申し込み」が表示されますので、
タップをして手順に沿って進めて下さい。

申し込みの流れ(PCの場合)


必ずマニュアルをお読みください<< (←クリックをすると確認できます。)

友だち追加

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
報酬体系 報酬体系
○追尾型トラップナビゲーション
1契約につき
・新規1ヶ月間          5,500円
・新規期間満了後の更新1ヶ月毎  5,500円
ただし、トラップトレード講座購入者は
・新規1ヶ月間         3,300円
・新規期間満了後の更新1ヶ月毎 3,300円
有価証券等に係る
リスクについて
損失が生じるおそれ
有価証券等に係るリスクについて
 投資顧問契約により助言する有価証券等についてのリスクは、次のとおりです。
 ① 株式
  株価の変動リスク:株価の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。
  株式発行者の信用リスク:市場環境の変化、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により売買に支障を来たし、換金できないリスクがあります(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り込むことがあります。
 ② 債券
  価格変動リスク:債券の価格は、金利の変動等により上下しますので、投資元本を割り込むことがあります。また債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。一方、債券によっては、期限前に償還されることがあり、これによって投資元本を割り込むことがあります。
  債券発行者の信用リスク:市場環境の変化、債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により売買に支障を来たし、換金できないリスクがあります(流動性リスク)。この結果、投資元本を割り込むことがあります。
 ③ 信用取引等
  信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
  信用取引の対象となっている株式等の発行者又は保証会社等の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、信用取引の対象となっている株式等の価格が変動し、委託証拠金を割り込むこと、又、損失の額が委託証拠金の額を上回ることがあります。
その他重要事項 当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員です。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

お問い合わせ

何か不明な点やご相談などがございましたら123事務局までお気軽にご連絡ください!
TEL:050-5327-9186
メール:otoiawase@123kabu.jp