株の学校123代表 泉代表

泉 幹(もときと発音してください)

1970年生まれ。 O型
福岡県福岡市出身。
福岡大学法学部卒。

大学卒業後、外資系外食産業に就職し、経営を学ぶ。
2004年に退社。株式トレード手法を確立し、
2005年に日本投資技術協会を立ち上げる。

スクール設立後は、数多くの個人投資家を育成。
株の学校123の生徒からプロトレーダーを選出し、
個人投資家グループとして各地にスクールを開校、
2007年から本格的な外部講師によるスクール事業展開をする。

ITバブルの崩壊の教訓より、下げ相場での対応が、個人投資家が相場で成功する最大の方法であると
確信し、自己のトレード技術の根幹としている。特に、株券を借りてきて売りから入る『空売り』を
得意とする。

企業理念に『強い個人投資家の育成と拡大』を掲げ、
入会者へは独立できるまでフォローを行うシステムが好評を得ている。

とかく個人投資家は孤独になりがちなので、『会員は皆仲間』をポリシーとし、投資顧問業登録を行い、
推奨銘柄をメール配信。
Web画像、Web動画、インターネットラジオ等のITを使ったコンテンツを独自に開発。
自宅でもフォローアップの授業が受けられる体制を整えた。

株式スクール業界のオピニオンリーダーとして、日本では遅れている投資教育を、
テクニカル分析の立場から行っている。
個人投資家の失敗を誘う情報・材料を排除した、株価の需給関係だけから相場を把握しトレードを行う、
「トレンドサーフィン(123式システムトレード)」を、日々啓蒙している。

>泉講師の担当コースはこちら


著書・メディア情報など

著書
著書
図解版ムック本
図解版ムック本
ラジオ日経DVD
ラジオ日経DVD
空売り
講師ブログはこちら<<

世界3大投資家の一人 ジム・ロジャーズ氏と講演を行いました

東京厚生年金会館大ホールにて、世界3大投資家の一人であるジム・ロジャーズ氏と、
当スクール代表の泉幹(いずみもとき)が、講演を行いました。

世界経済の再編のなかで、いかに大局的な視点を持って投資活動を行っていけばいいのか、
2000人近い方が真剣に耳を傾ける、大変貴重なフォーラムとなりました。


ジム・ロジャーズ氏

泉幹(いずみもとき)
ジム・ロジャーズ氏と泉幹(いずみもとき) 会場

株の学校123講師 坪倉講師

坪倉 知己

1971年生まれ
A型

京都出身サラリーマン時代に投資に興味を持ち、
独学で勉強を始めるも全くうまくいかず挫折。

時はリーマンショックの最中、
「株の学校123」と運命的な出会いを果たし、
これをきっかけに株式トレードに目覚め、
始めは苦労しながらも地道な努力を続けた結果、
スイングトレードの手法を確立した。

最近は株式のみならず、日経225先物の
トレード手法も研究しており、先物と株式を組み合わせたトレードスタイルを提唱している。
>坪倉講師の担当コースはこちら

坪倉講師のブログはこちら

坪倉
講師ブログはこちら<<

株の学校123講師 小島講師

小島 奉之

■元マイクロソフト ソフトウェアエンジニア
■日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト (CMTA)

■トレード歴:
2003年に、40歳半ばになり、将来不安で、株式投資の本を買って、カゴメで利益を出し、「短期間でもっと利益を出したい」と考えて、本格的に始めました。

ところが、株式投資関連の本を100冊以上を読んで、さらには無料~100万円くらいの株式投資セミナーに10くらい参加しても、何度、株を買ってもうまく行かず、損失が増え続けました。

2007年が終わる頃には、損失が中クラスの車3台分くらいになってしまった。

基礎を学びたい思い、ネット検索で見つけた「日本テクニカルアナリスト協会」で、睡眠時間を削って、証券投資とチャート分析を勉強し、「認定テクニカル アナリスト」の資格を取得しました。

大きな期待感をもって、「株式投資」を再開したが、結果は、大損は無くなったが、大きい利益を出すこともできず、プラスマイナスゼロに近い状態が続きました。

その状態が約2年間続き、諦めかけている時にネット検索で「株の学校123」を見つけ、体験講座で、話を聞くと、認定テクニカルアナリストで学んだこととほとんど差異がなく、売買ポイントも明確だったので、すぐに受講を決めました。

しかし、利益が出せないので、振り返ったところ、習ったことを実践せず、以前の経験や知識を優先していることが原因だと分かり、習ったことを優先させる様にトレードを続けました。

その結果、3ケ月後くらいから、徐々に利益が出せる様になった。

「学んだ通りにやれば、利益が出せる」ことを実体験をしたので、メンタル的にも楽になり、その後、順調に利益も伸びて行きました。

その後、2011年にプログラムを使って銘柄選択を始め、短時間で効率的なトレードが出来る様になり、大幅に利益が向上した。

2014年には、給料以上の利益が出せる様になり、2015年には脱サラして、専業トレーダーになった。

2016年の始めに講師の話があり、実績のある「株の学校123」のトレード理論に、自分のノウハウを加えて、さらにプログラムを使った銘柄選択を加えれば、初心者でも受講された方々が利益の可能性を上げることができ、役に立てると思いました。

それまでは、自分のトレードの為に作成したプログラムを、受講される方が、分かり易い様に、変更と工夫を重ねて、小島塾独自の講座を完成させました。

>小島講師の担当コースはこちら

株の学校123講師 遠藤講師

遠藤 紀之

株式投資という資産運用を知り、その勉強をする目的で株の学校123に入学しました。

投資未経験の私が株式投資をするにあたり、授業ではまずリスク管理をしっかりと学びました。リスクを自分が許容できる範囲にまで限定させ、管理することで、これまで大きく損失をすることは一度もありませんでしたが、勝ちトレーダーと言えるほどの利益も伸びていない日々が続きました。

もしかして良くない情報商材に引っ掛かってしまったのではないかと疑いを持ち始め、そのころ学校側に説明を求めようと思い、その準備のつもりで投資記録を見返し、どこに問題があるのかを調べました。

すると細かく見れば見るほどわかったことがありました。それは、学んだことだけを忠実に実行していれば良かったものを、それ以外の欲にまみれた自分の判断基準も混在させてしまっていたことでした。そのため、本来取れるはずの利益を逃していたことに気付き、修正と改善を重ね、学校で学んだルールだけを細部にまで忠実に従うことに集中した結果、利益が伸びるようになりました。それだけでなく、リスクを管理出来るようになったことで、トレードに対する不安や恐怖から来るストレスも無くなりました。
 
株は大きく勝ったり、負けたりなど、自分の資産をリスクに曝し、一喜一憂するものではありません。全てを計画通りに実行し、安定的な利益を出すのが、強い投資家であり、株をそのようなビジネスに変えていくことができるのが株の学校123です。

私が生徒時代であった時を振り返り、皆さんの思いと共有しながら、大切な資産を自分の手で守り、自分の手で運用していく投資技術をお伝えしていきます。

>遠藤講師の担当コースはこちら

お問い合わせ

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
手数料等 報酬体系 ベーシック 会員 3ヶ月 248,000円 
以降1年 1,000円
指標変動により
損失が生じるおそれ
株価や債券価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。 また、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
その他重要事項 当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。 また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

生徒さんの声

株の学校123にご参加頂いた、生徒さんの声をお聞きください。

» 詳細を確認する

授業の様子

株の学校123における授業の様子をご紹介いたします。

» 詳細を確認する

経済、ファイナンスの知識

経済、ファイナンスの知識を勉強したい方へ。

» 詳細を確認する

特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律に基づく表示です。

» 詳細を確認する

会社概要

株の学校123を運営する、株式会社トレードイノベーションの会社概要です。。

» 詳細を確認する

金融商品取引業者の表示

金融商品取引業者であることを証する事項です。

» 詳細を確認する