株トレーダーへ週末、外部要因をどう考え、売買したらいいのか

(大場)
これは、MACDを見るとまだゴールデンクロスをして、ヒストグラムも上に伸びている状態です。
MACDで利益を確定するのであれば、週末保持でも良いですよね。
ただ、ボリンジャーバンドが2シグマの方が近いじゃないですか?
このプラス2シグマ付近まで来て、日経平均をボリンジャーバンドプラス2シグマを抜けてから下げてきています。
後週末は、持ち越すことが嫌だという場合は、金曜日に手仕舞ってオッケーです。

(生徒)
「外部要因は、どこまで見ない方が良いですか?」
外部要因は、見ていないですね。
逆に気にしすぎると、分からなくなってしまうので、チャートを観て判断していきます。
テクニカルで日経平均を見てやっていった方が、良いかなと思います。

(生徒)
「週末に利益が出た時に、一旦そこで手仕舞って、月曜日あまり変わらなければもう一度買い戻すとかの方が良いのか?」

(生徒)
「日経平均がどういう要因で絡んでくるのかが分からない」
週末、手仕舞いした方が良いかどうかですよね。
正直な話、週末に出ている事が多いですよね。
特に買いは、下がりだすと早いですから、安全策で行くのであれば、週末一旦手仕舞いして次の週に日経平均の動きを見ながら仕掛ける、という様に考えていっても良いです。
まだ上昇相場なら良いですけれども、例えば方向線が横ばいの時や下向きの時は、買いを仕掛けていくならば、なるべく週末に手仕舞いした方が良いです。

最終的には、チャートの形で判断していきますが、持ち越した方が良い形であればそれで良いです。
ちなみに僕は、何も持っていません。
危ないので。

お問い合わせ

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
手数料等 報酬体系 ベーシック 会員 3ヶ月 248,000円 
以降1年 1,000円
指標変動により
損失が生じるおそれ
株価や債券価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。 また、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
その他重要事項 当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。 また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

生徒さんの声

株の学校123にご参加頂いた、生徒さんの声をお聞きください。

» 詳細を確認する

コース紹介

株の学校123の受講カリキュラムをご紹介いたします。

» 詳細を確認する

授業の様子

株の学校123における授業の様子をご紹介いたします。

» 詳細を確認する

経済、ファイナンスの知識

経済、ファイナンスの知識を勉強したい方へ。

» 詳細を確認する

特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律に基づく表示です。

» 詳細を確認する

会社概要

株の学校123を運営する、株式会社トレードイノベーションの会社概要です。。

» 詳細を確認する

金融商品取引業者の表示

金融商品取引業者であることを証する事項です。

» 詳細を確認する