株式トレード・グランビルが分かりにくい時の判断方法とは?

(生徒)「銘柄どうこうではなくて、グランビルの法則で行くと、これは今ピークから下がっていますよね。
ただ、方向線は上を向いていますので、これはどう見た方がいいのでしょうか?
高値がそこから抜けていません。
これは株の買い時と言っていいのか、方向線が上を向いているから買いじゃないのかというのが、どう判断すればいいのでしょうか?」

(大場)分かりにくいですね。

(生徒)「ただ、さっきも言ったように、無理やりのトレンドラインとか、面白いなと思って買ってはいたんですけれども…」
これは、グランビルで考えると、今はまだ方向線が上向きですよね。
今は方向線上で持ち合っている状態ですが、グランビルは大きくざっくり見るのがポイントです。
この銘柄だと、この辺が大きく見て初動になります。
次に、ここから高値を抜けて、グランビルの2回目に入れるかどうか、という所ですね。
今は、大きく見て初動をこなしていて、1回目に入るか入らないかという所になります。

(生徒)「これは、2回目失敗したという事ではないのですか?」
2回目、これは高値越えですね。
細かく見ると、2回目に入れず、まだ持ち合っているという状態です。
ただ、ちょっとボリンジャーの幅とかも狭く、もうちょっと持ち合う可能性もありますので、やるかと言うともう少し様子を見たいかなという所ですよね。

お問い合わせ

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
手数料等 報酬体系 ベーシック 会員 3ヶ月 248,000円 
以降1年 1,000円
指標変動により
損失が生じるおそれ
株価や債券価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。 また、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
その他重要事項 当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。 また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

生徒さんの声

株の学校123にご参加頂いた、生徒さんの声をお聞きください。

» 詳細を確認する

コース紹介

株の学校123の受講カリキュラムをご紹介いたします。

» 詳細を確認する

授業の様子

株の学校123における授業の様子をご紹介いたします。

» 詳細を確認する

経済、ファイナンスの知識

経済、ファイナンスの知識を勉強したい方へ。

» 詳細を確認する

特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律に基づく表示です。

» 詳細を確認する

会社概要

株の学校123を運営する、株式会社トレードイノベーションの会社概要です。。

» 詳細を確認する

金融商品取引業者の表示

金融商品取引業者であることを証する事項です。

» 詳細を確認する