株式トレード・発射ボタンとは?

皆さんこんにちは。
株の学校123の大場です。
前回までのビデオで、123式テクニカル手法の一部をお話ししました。
そして、前回は鉄のルールを使うためには発射ボタンが必要だということをお話ししました。
今回はこの発射ボタンについて解説していきます。

では、発射ボタンとは何か?
それは注文システムのことです。
これは、株価が方向線に触りに来たら自動的に注文するというシステムです。
これは逆指値注文と言います。

方向線が上向きの時、私たちは株価が方向線を抜ける瞬間に買います。
なぜなら、株価が上向きの方向線を下から上に抜ける瞬間が、株価が上昇に転じる瞬間だからです。
この瞬間を捉えるために、設定した株価になった時に買うという条件を付けて出す注文方法である条件付き注文、逆指値注文を使って私たちはトレードしていきます。
この逆指値注文が、発射ボタンです。
証券会社を選ぶ上では、この逆指値注文ができるかどうかが最重要ポイントになります。

私たちは、何%上がった、下がったという計算は一切しません。
これまで解説してきた方向線、株価の性質、そして鉄のルールを使ってチャートに未来予想図を描きながら、チャートの形だけで売買ポイントを絞り込んでトレードをしていきます。
株価が下から上に方向線に触った瞬間が上昇する瞬間でもあり、株価が方向線を上から下に割り込んだ瞬間が下降する瞬間でもあります。
この、方向線に触りに来た瞬間に買い、方向線を割った瞬間が売りです。
その瞬間を捉えて注文を出す方法が今回開設した逆指値注文です。
そしてこれは、最大のリスク回避法でもあります。
なぜなら、このルールを守ることで塩漬けを撲滅することができるからです。
このように普遍の真理を組み合わせたものが、真のシステムトレードなのです。
ルール通りにトレードすること、これが非常に重要なポイントです。

これで皆さんは、株式トレードに時間をかけずに、損失を最小限におさえて手っ取り早く利益を出すことができるスタートラインに立ちました。
是非トレードをしてみて下さい。
実際にトレードを始めると、次は心理的な壁に当たります。
それは、売買回数です。
といっても、この売買回数を克服するやり方もあります。
それが、ピストントレードです。
このピストントレードが出来るようになれば、あなたはセミプロといってもよいでしょう。
次回のビデオでは、このピストントレードについて公開したいと思います。
それでは、また次のビデオでお会いしましょう。

お問い合わせ

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
手数料等 報酬体系 ベーシック 会員 3ヶ月 248,000円 
以降1年 1,000円
指標変動により
損失が生じるおそれ
株価や債券価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。 また、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
その他重要事項 当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。 また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

生徒さんの声

株の学校123にご参加頂いた、生徒さんの声をお聞きください。

» 詳細を確認する

コース紹介

株の学校123の受講カリキュラムをご紹介いたします。

» 詳細を確認する

授業の様子

株の学校123における授業の様子をご紹介いたします。

» 詳細を確認する

経済、ファイナンスの知識

経済、ファイナンスの知識を勉強したい方へ。

» 詳細を確認する

特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律に基づく表示です。

» 詳細を確認する

会社概要

株の学校123を運営する、株式会社トレードイノベーションの会社概要です。。

» 詳細を確認する

金融商品取引業者の表示

金融商品取引業者であることを証する事項です。

» 詳細を確認する