株のリスクを最小限に抑える方法とは? in ハワイ

皆さんこんにちは、現役トレーダーの酒井です。
今日は、株でのリスクを最小限に抑える方法をお伝えしたいと思います。

・株という物
株は、怖い、リスクがあるから嫌だという方もいらっしゃると思います。
例えば、株は破産するのではないか、というようにイメージする方もいらっしゃると思います。
まず、すべてを失ってしまうという事は、通常はありえません。
私たちは毎日株取引をしていますが、そんな事はないです。
どこかからお金を借りてきて株を行うと起こる事がありますが、普通はしませんよね。
自分の資金な中で、株を売って買ってやっている内では、ありえません。

〇リスクの考え方
・リスクがある=悪い事ばかりでない
実は、リスクがあるからこそ、増えるという事もあります。
減ったり増えたりする事をリスクと言います。
価格が変動するからこそ、可能性がありますので、利益になる可能性がある物を手に取る事ができるのです。
リスクがある事は、一概に悪い事ばかりではありません。
私たちはお金を増やしたいので、当然値上がりのリスクを狙って、株を買っていくわけです。

・下がってしまうリスクには
今日お伝えしたいのは、下がってしまう分のリスクをどう抑えれば良いのかという考え方です。
一言で言うと、株を買う時に買う値段と売る値段を決めてから買う、という事がリスクを最小限にする方法です。
例えば、千円で買った株があるとします。
900円になってしまったら、100円、百株買っていたら1万円の損失が出ていますよね。
900円になってしまったら売ると決めておくと、損失は1万円で済みます。
これが、まだ持っていれば損失の1万円がなくなる、上がるのではないかと持っていると、3、4万円ともっと損失が出ます。
損が切れなくなると、どうしようもない状態になってしまいます。

値段を決めておくと、株を買うのが非常に楽になります。
例えば、宝くじを買う時に、あまり迷う人はいませんよね。
なぜなら、一億円当たる可能性がある、可能性を変える、けれども損する可能性がある事を頭で分かっています。
しかも、ここまでしか損しないという限定されたリスクを、自分で理解して行動していますから、行動が楽なのです。
同じ事が、株にも言えるのです。

・買いと売りの値段をどのように決めるのか?
このヒントは、株式チャートを使って下さい。
株式チャートを使ってやると、実は買う値段と売る値段が明確に算出する事が出来るようになります。
まさに、グラフになります。
売買ポイントがありますので、いくらで買って売るのかを計算する事ができます。
株価チャートを使うと値段の計算ができますので、リスクを計算して行動しやすくし、そして実際にリスクを最小限に抑えていく事が可能になります。

お問い合わせ

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
手数料等 報酬体系 ベーシック 会員 3ヶ月 248,000円 
以降1年 1,000円
指標変動により
損失が生じるおそれ
株価や債券価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。 また、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
その他重要事項 当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。 また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

生徒さんの声

株の学校123にご参加頂いた、生徒さんの声をお聞きください。

» 詳細を確認する

コース紹介

株の学校123の受講カリキュラムをご紹介いたします。

» 詳細を確認する

授業の様子

株の学校123における授業の様子をご紹介いたします。

» 詳細を確認する

経済、ファイナンスの知識

経済、ファイナンスの知識を勉強したい方へ。

» 詳細を確認する

特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律に基づく表示です。

» 詳細を確認する

会社概要

株の学校123を運営する、株式会社トレードイノベーションの会社概要です。。

» 詳細を確認する

金融商品取引業者の表示

金融商品取引業者であることを証する事項です。

» 詳細を確認する