一目均衡表で真の未来予想図を描く!

この動画の中では、マスターコースで使う「一目均衡表」を解説したいと思います。
マスターコースでは、ベーシックコース使っている指標にプラスします。

チャートを見ると、ちょっとまた景色が変わっていますよね。
このチャートを、一目均衡表と言います。
これは、日本人の新聞記者、一目山人さんが編み出した株価チャートになります。
日本人だけではなく、外国人にも使われている指標になります。

様々な使い方がある一目均衡表ですが、使うポイントがあります。
これは、今まで見てきた指標の裏舞台的な要素を使っていきますが、3つの使い方があり、それらは非常に重要です。
使い方は、123式の使い方になります。

・一目均衡表をなぜ使うのか
株は、金額ばかりに目が行ってしまいますが、日柄が大事になります。
123では、日柄=自分の形になるまで待つのが日柄という風にお話ししています。
仕掛けていく形を捉えるのに、一目均衡表は重要になります。

赤い雲は123では、赤雲、もしくは上雲と言います。
青い雲は、青雲、もしくは下雲と呼んでいます。
一目は、赤い雲と青い雲、黄色い線の転換線、赤い線の基準線、緑の線を遅行線からできている指標になります。
大きな特徴は、チャートの先が描かれている点で、未来予想図になります。

一目均衡表を知る事によって、もうそろそろ仕掛けるタイミングが分かってきます。
資金は仕掛けた後に動かず、寝かしているだけでは、資金が拘束されてしまいます。
良いタイミングで入っていくためには、一目均衡表が使えるようにならないといけないのです。

123式の使い方は、授業でしっかりと教えていきますが、実はツボという物があります。
買いや売りのサインだけではなく、様々なパターンがあります。
こういった指標がある事を、覚えて頂きたいと思います。

お問い合わせ

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
手数料等 報酬体系 ベーシック 会員 3ヶ月 248,000円 
以降1年 1,000円
指標変動により
損失が生じるおそれ
株価や債券価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。 また、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
その他重要事項 当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。 また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

生徒さんの声

株の学校123にご参加頂いた、生徒さんの声をお聞きください。

» 詳細を確認する

コース紹介

株の学校123の受講カリキュラムをご紹介いたします。

» 詳細を確認する

授業の様子

株の学校123における授業の様子をご紹介いたします。

» 詳細を確認する

経済、ファイナンスの知識

経済、ファイナンスの知識を勉強したい方へ。

» 詳細を確認する

特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律に基づく表示です。

» 詳細を確認する

会社概要

株の学校123を運営する、株式会社トレードイノベーションの会社概要です。。

» 詳細を確認する

金融商品取引業者の表示

金融商品取引業者であることを証する事項です。

» 詳細を確認する