決算発表で株価はどうなるのか?大塚商会の株価チャートで検証!

本日は、株の学校123の坪倉講師にお越し頂いています。
今回のシリーズは、第6弾まできました。
6つ目まででシリーズは終わりになりますので、最終章ですね。
今回は、大塚商会になります。

・大塚商会のチャート
素敵なチャートですよね。
急上昇しています。
決算発表はどうだったのでしょうか?

「今期経常は微増で3期連続最高益、前期配当を10円増額、今期は5円増配へ」となっています。
今度は、良さそうですよ。
今度は業績が良くて、上昇もしていますよね。
決算発表があったのは、2月2日になります。
発表があったのは、この日の株式相場が終わってからになりますので、次の日から急上昇です。
この日に買った人が、きっと多いのでしょう。
方向線が上向きの時は、株価は上に膨らみますが、その後は方向線まで戻ってきます。
たまに、方向線を抜けてしまう事もあります。
方向線を割ってしまうと、そのまま下降相場に入ってしまう危険性があります。
つまり、あまり上で膨らんだ状態で買うのは、リスクのある事だと思います。
そう考えた時に、ここで買って良いのかなということになります。
下がるかどうかは分かりませんが、買うなら方向線付近で買いたいですよね。

だけども、決算の発表がない事には、内容が良いのかどうかも分かりませんので、買うのは躊躇しますよね。
業績発表を見て売買をされている方にとっては、買いの根拠がありません。
だから、買えなくなってしまうのです。
しかし、僕らは普段から業績を見ていません。
売買は、方向線を下から上に抜けた所になります。
ここでもし買っていれば、丁度良い所で買えていますよね。
これは、チャートを観ているとできます。
決算を当てにしていると、タイミングを逃してしまう可能性があります。
チャートを観ていると、上手くいく事が多いです。

お問い合わせ

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
手数料等 報酬体系 ベーシック 会員 3ヶ月 248,000円 
以降1年 1,000円
指標変動により
損失が生じるおそれ
株価や債券価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。 また、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
その他重要事項 当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。 また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

生徒さんの声

株の学校123にご参加頂いた、生徒さんの声をお聞きください。

» 詳細を確認する

コース紹介

株の学校123の受講カリキュラムをご紹介いたします。

» 詳細を確認する

授業の様子

株の学校123における授業の様子をご紹介いたします。

» 詳細を確認する

経済、ファイナンスの知識

経済、ファイナンスの知識を勉強したい方へ。

» 詳細を確認する

特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律に基づく表示です。

» 詳細を確認する

会社概要

株の学校123を運営する、株式会社トレードイノベーションの会社概要です。。

» 詳細を確認する

金融商品取引業者の表示

金融商品取引業者であることを証する事項です。

» 詳細を確認する