下方修正のコマツ、今年最高値を付ける。なぜ?

みなさんこんにちは。
現役トレーダーの酒井です。
今日は新聞にニュースが出ていた小松製作所について、チャートを見ながら解説をしていきます。

株をやっている人にとってコマツは非常にメジャーで、機関投資家も含めて取引をする人が非常に多い、出来高の多い銘柄です。
なぜ今日コマツについて解説をするのかというと、今まで業績が良かったコマツが昨日の決算発表で一転減益ということになったと今日の日経新聞でニュースになっていたからです。

そこで、実際にコマツのチャートを見てみましょう。
チャートにある白や黒の四角はロウソク足と呼ばれるもので、1日の始値と終値を表しています。
白のロウソク足は下が始値、上が終値になっています。
逆に黒のロウソク足は上が始値、下が終値です。
今日のコマツは白のロウソク足になっていて、始値が2300円、終値が2437円だということが読み取れます。
このチャートを見ると、今日出たコマツの減益のニュースを受けて昨日の終値より今日の朝は安く始まったことがわかります。
しかし、減益のニュースが出たにも関わらず、今日はその後株価が上がっています。
結果的に前日比+52円で今日の取引は終了しています。

このことから、株は悪いニュースが出たとしても上がることがあるということがわかります。
良いニュースが出たら株価は上がり、悪いニュースが出たら株価が下がると考えがちですが、一概にそうではありませんから、ニュースに寄って一喜一憂する必要はないのです。
株のトレードでは、ニュースではなくチャートを見てその株のトレンドを見ることが大切です。
私たちはトレンドを判断する時に方向線を使います。
方向線が上向きの状況であれば上昇局面、上昇相場の銘柄だということが分かりますから買いで入り、方向線が下向きの状況であれば下降局面、下降相場の銘柄ですから、空売りという手法で入ります。
しかし、今コマツの方向線が上向きだからと言って、明日買えばいい、ということではありませんから注意が必要です。
売買ポイントにきた時に買いで入るのであって、それ以外では買いません。
これが非常に大切です。

このように、株はニュースで判断するのではなく、方向線で流れを見ていく事が大切だ、ということをお伝えしたくてコマツについて解説しました。
方向線についての詳しい考え方や使い方を知りたいという方は、この動画の下に無料動画セミナーのリンク先がありますので、そこをクリックして、動画セミナーを是非受けて頂きたいと思います。

お問い合わせ

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
手数料等 報酬体系 ベーシック 会員 3ヶ月 248,000円 
以降1年 1,000円
指標変動により
損失が生じるおそれ
株価や債券価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。 また、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
その他重要事項 当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。 また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

生徒さんの声

株の学校123にご参加頂いた、生徒さんの声をお聞きください。

» 詳細を確認する

コース紹介

株の学校123の受講カリキュラムをご紹介いたします。

» 詳細を確認する

授業の様子

株の学校123における授業の様子をご紹介いたします。

» 詳細を確認する

経済、ファイナンスの知識

経済、ファイナンスの知識を勉強したい方へ。

» 詳細を確認する

特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律に基づく表示です。

» 詳細を確認する

会社概要

株の学校123を運営する、株式会社トレードイノベーションの会社概要です。。

» 詳細を確認する

金融商品取引業者の表示

金融商品取引業者であることを証する事項です。

» 詳細を確認する