需給の崩れを見破り、大相場に乗るためには?【株の学校123】

この動画の中では、需給の崩れを捕えるための新たな指標の解説をお話ししたいと思います。
株には、買いと売りしかありません。
相場は常に、買いと売りが綱引きをしている状態になります。
綱引きもそうですが、例えば、勝った方向に一定期間崩れますよね。
株も同様で、需給の均衡が崩れると、買いなら上に、売りなら下に崩れていきます。
本当に崩れる所を捕えるためには、このような指標を見ていきます。

・週足チャート
週足チャートの一番下に、信用残が出てきます。
これをマスターコースではフルに活用して、需給の崩れを捕えていきます。
信用残とは、簡単に言うと、信用で買っていてまだ返済していない株数の合計になります。
それを買い残と言います。
もう一つは売り残があり、信用で空売りを仕掛けていて、まだ返済していない株数の合計を表しています。
買い残、売り残の状況を、この信用残で見る事ができます。

123では、チャートを絵として捉えていきますが、これも絵になります。
信用残を見ながら、チャートを見ていきます。
では、チャートの形がどのようになっていたら、大きく崩れていくのでしょうか?

マスターコースでは、ベースを固めた上で大きく利益を伸ばしていきます。
短期的に急上昇して需給が崩れている所には、信用残も関係していますので、ここで利益を取っていくのです。
一方で、違うチャートでは急激に下降している場面があります。
ここも、信用残が関係しています。
あと、株を買っている人が多いと、逆にロスカットするところを狙って、プロは空売りを仕掛けてきたりするのです。
そういったお金の流れは、信用残を知る事によって深く入ってきますし、大きな下がる傾向を捕える事ができます。

少額資金の個人投資家が大きくトレンドを捕えていくためには、信用残は覚えて頂きたいです。
その使い方は、マスターコースの中でやっていきます。

お問い合わせ

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
手数料等 報酬体系 ベーシック 会員 3ヶ月 248,000円 
以降1年 1,000円
指標変動により
損失が生じるおそれ
株価や債券価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。 また、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
その他重要事項 当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。 また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

生徒さんの声

株の学校123にご参加頂いた、生徒さんの声をお聞きください。

» 詳細を確認する

コース紹介

株の学校123の受講カリキュラムをご紹介いたします。

» 詳細を確認する

授業の様子

株の学校123における授業の様子をご紹介いたします。

» 詳細を確認する

経済、ファイナンスの知識

経済、ファイナンスの知識を勉強したい方へ。

» 詳細を確認する

特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律に基づく表示です。

» 詳細を確認する

会社概要

株の学校123を運営する、株式会社トレードイノベーションの会社概要です。。

» 詳細を確認する

金融商品取引業者の表示

金融商品取引業者であることを証する事項です。

» 詳細を確認する