プロトレーダーが選ぶ!個人投資家のための証券会社の選び

みなさんこんにちは。
株の学校123現役トレーダーの酒井です。
今日は皆さんに証券会社の効果的な使い方を紹介します。
証券会社はそれぞれ良い所、使いやすい所、手数料が安い所など、いろいろあります。
とはいえ、株を始める時には実際どこがいいのか、なかなかわからないものです。
そこで、今回は私が毎日のトレードで使っているおすすめの証券会社についてお伝えします。
今回は、非常に優秀なネット証券ではトップクラスの証券会社を6つご紹介します。
皆さんにはこの6つの証券会社すべてを開設して、私と同じように利用して株をはじめてほしいと思います。

まず1つ目にご紹介するのは非常に有名で安心感もある、ネット証券最大手のSBI証券です。
SBI証券会社の一番のおすすめポイントは、取引ツールの使いやすさです。
ハイパーSBIという取引システムは6つの中でも使いやすいツールになっていて、3回程度売買するだけで慣れて使えるくらい簡単で、直接「板」をクリックするだけですぐに注文が出来るようになっています。
また、逆指値注文がすぐにできて、買いの確認もしっかりできます。
もちろん、チャートも見やすくなっていて、方向線や分析システムも表示できるようになっています。
これから株を始めるという方は是非、このSBI証券を開設しましょう。

2つ目はSBI証券と同じくらい有名な楽天証券です。
楽天証券の良い所は、マーケットスピードという注文ソフトです。
ずっとトレードをしている人の中には、楽天証券のマーケットスピードを長く愛用している人も多く、書籍などで紹介されていて、プロでも使っている人が多い証券会社です。
マーケットスピードの最大の特徴は、投資家が欲しいニュースが大量に、しかも瞬時に無料で見られることです。
ここでは、株だけではなく為替や国際情勢などあらゆる情報が見られます。
これだけの情報が揃っているのは楽天だけと言っても過言ではありません。
もちろん、注文もすぐに表示され、逆指値注文もできますし、逆指値付き通常注文も可能になっています。
ぜひ楽天証券を開設して、一度このマーケットスピードを使ってみて頂きたいと思います。

3つ目のご紹介するのは、マネックス証券です。
マネックス証券の特徴は自動売買が出来る点です。
株で自動売買のシステムがある証券会社はマネックス証券だけなのです。
マネックス証券で自動売買の時に使われるソフトがマネックストレーダーです。
マネックストレーダーは自動売買だけではなく、方向線が上向きの銘柄などを検索するスクリーニングを設定して自分の好きなチャートを探す、ということも可能です。
私も愛用しているマネックストレーダーを皆さんにも使っていただきたいと思います。

4つ目は、顧客満足度No.1のGMOクリック証券です。
GMOクリック証券の最大のメリットは手数料が安いということです。
いろいろなツールが充実していることも大切ですが、やはり手数料が安いというポイントは重要です。
私も実際、以前はSBI証券を使っていたのですが、手数料の安さやツールの使いやすさから、現在はGMOクリック証券を使っています。
GMOクリック証券は手数料が安いだけではなく、ツールも非常に使いやすくなっています。
また、株式同一気配約定情報という、どのように株に注文が入ったか、またそれが大きい注文なのか小さい注文なのかといった情報まで見ることができるのも大きなメリットです。
このように、手数料が安く、ツールが使いやすくてシステムも良いのがGMOクリック証券です。

5つ目にご紹介するのはUFJグループのカブドットコム証券です。
私が最初に口座を開設して売買したのがこのカブドットコム証券なので、思い入れの深い証券会社です。
私が最初にカブドットコムを選んだ理由は、情報量の多さです。
特に口座を開設するとすぐに見られる「株ボードフラッシュ」は、直感的に株の値動きがわかりますし、本格的なチャートも見ることが出来ます。
また、取引ツールも非常に発展しています。
他の証券会社に比べると手数料が高いのですが、ツールが良くシステムが安定していますので、将来手数料が安くなった時のために是非開設しておいてほしい証券会社です。

最後にご紹介するのは昔から株に特化している松井証券です。
私たちが株価を分析して発注する時に必ず見るチャートは、松井証券のチャートソフトのネットストックトレーダーです。
今まで紹介した証券会社のソフトは、すぐそのまま注文もできるのですが、この松井証券のネットストックトレーダーは注文をすることが出来ません。
それでも私たちがこのネットストックトレーダーを使う理由は、分析する時の銘柄の切り替えや表示の速度が他のツールとは比べ物にならないくらいスムーズで、使い勝手が非常にいいからです。
松井証券も手数料は高めなので、私も松井証券では注文はせず、使いやすいネットストックトレーダーだけを使わせてもらっています。
松井証券はトレーダーには必須の証券会社ですから、是非開設してネットストックトレーダーを使ってみて下さい。

このように証券会社にもそれぞれに良い所があります。
儲けるためには、これらを上手く使うことが大切ですから、まずは今回紹介した6つについては全部開設しておきましょう。

ここで紹介したいサイトがあります。
それは「みんなの株式」というサイトなのですが、このサイトから今回紹介した6つの証券会社がすぐ開設できるようになっています。
是非、ここから6社全部の証券口座を開いて、様々なツールを使って、一緒に株トレードを頑張っていきましょう。

お問い合わせ

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
手数料等 報酬体系 ベーシック 会員 3ヶ月 248,000円 
以降1年 1,000円
指標変動により
損失が生じるおそれ
株価や債券価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。 また、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
その他重要事項 当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。 また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

生徒さんの声

株の学校123にご参加頂いた、生徒さんの声をお聞きください。

» 詳細を確認する

コース紹介

株の学校123の受講カリキュラムをご紹介いたします。

» 詳細を確認する

授業の様子

株の学校123における授業の様子をご紹介いたします。

» 詳細を確認する

経済、ファイナンスの知識

経済、ファイナンスの知識を勉強したい方へ。

» 詳細を確認する

特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律に基づく表示です。

» 詳細を確認する

会社概要

株の学校123を運営する、株式会社トレードイノベーションの会社概要です。。

» 詳細を確認する

金融商品取引業者の表示

金融商品取引業者であることを証する事項です。

» 詳細を確認する