【株の学校123・株式投資初心者入門編】制度信用取引と一般信用取引の違いとは?

今回は、一般信用取引と制度信用取引の違いについて、解説します。
よく勉強して疑問に出てくるのは、説明だけでどちらが良いとは書いていないからです。

・信用取引
一般的な口座を開設した後に、申し込みをすれば開設できるのが信用取引の口座です。

①レバレッジという仕組みを使い、自分のお金を膨らませて売買する事ができます。
レバレッジを利用すると、資金効率よく取引を行う事ができます。

②空売りができる
これは、株価が下がったら利益が出るという、通常とは逆のパターンになります。
一般の場合だと、値上がり株のみを狙わないといけませんが、信用取引になると戦略の幅が広がります。

・信用取引を開く前に、制度信用取引と一般信用取引がある

①制度信用取引
信用取引の中でも一般的なもので、始める場合はこちらが良いです。
取引で借りた資金の返済期限が、楽天証券の場合6カ月と定められています。
区切りがあり、失敗のリスクが少なくなります。

②一般信用取引

こちらの場合は、返済期限が決められていませんので、私たちからすると危険です。
なぜなら、返済にかかる金利が高めに設定されているため、金利をずっと払い続けなければなりません。
取引の区切りがないため、リスクも高くなります。

ですので、これから口座を開こうと思っている方は、制度信用取引を選んで下さい。
“一般”と言う言葉に、騙されないようにして下さい。

お問い合わせ

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
手数料等 報酬体系 ベーシック 会員 3ヶ月 248,000円 
以降1年 1,000円
指標変動により
損失が生じるおそれ
株価や債券価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。 また、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
その他重要事項 当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。 また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

生徒さんの声

株の学校123にご参加頂いた、生徒さんの声をお聞きください。

» 詳細を確認する

コース紹介

株の学校123の受講カリキュラムをご紹介いたします。

» 詳細を確認する

授業の様子

株の学校123における授業の様子をご紹介いたします。

» 詳細を確認する

経済、ファイナンスの知識

経済、ファイナンスの知識を勉強したい方へ。

» 詳細を確認する

特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律に基づく表示です。

» 詳細を確認する

会社概要

株の学校123を運営する、株式会社トレードイノベーションの会社概要です。。

» 詳細を確認する

金融商品取引業者の表示

金融商品取引業者であることを証する事項です。

» 詳細を確認する