年収を超えるキャッシュをたたき出す、株式投資の世界

もしあなたが、株式投資に対して怖いというイメージを持たれていたり、
すでに怖い体験をされているのだとすれば、それは正常なことです。

投資で失敗して財産を失ったとか、借金を作ってしまったとか、
中には遺言で「株には手を出すな」と言われていたり、
そういう話は数多くありますので。
周りに、株で資金を失ってしまった方のお話を聞かれたこともあるかもしれません。

この人達はなぜ損失を出してしまったのかというと、
証券会社の営業マンの言うことを信じ続けたり、都合の良い理論、
直感、視野の狭い分析を根拠に「上がるといいな」「もう底値だろう…」と、
勝手に思い込んで売買をしてしまった結果です。
これではギャンブルと変わりません。株をギャンブルとして取り組んでは、絶対に勝てないのです

絶対の必勝法則はありませんが、手堅く利益を出している人達がいます

トレードトレーナーの立場から本音を言わせて頂くと、
株式トレードでの絶対の必勝法則は、ダイエットと同じで実はありません。
もし絶対の法則があれば、相場は崩壊します。
しかし、ギャンブルではなくビジネスとして株を行い、
結果を出していくことは可能です。実際に、競馬や競艇などのギャンブルを
本業としている会社はありませんが、投資ファンドや機関投資家など、
株を本業として利益を出し続けている会社は沢山あります。
株をビジネスにする事は可能ですなのです。

同じように、個人投資家でも、手堅く利益を出している人達が確実に存在します。
利益を出している人の大半は、世間一般の株式投資に対するイメージや、
妬まれたくないという思いもあって、多くの方が口を閉ざしています。
実際には、会社員でありながら、年収を超えるキャッシュをたたき出している
個人投資家もいますし、年収を超えるとまでは言わなくても、
月に数十万円の利益を安定して出している個人投資家は本当にたくさんいるのです。

例えば今の年収の3分の1の収入が増えたと想像してください。
月にどれだけの余裕が出来るか、10年後にどれだけの貯蓄が出来るのか、
あなたの生活やライフプランには、かなりのインパクトがあると思います。

個人投資家の殆どは負け組

今更言うまでもありませんが、世界的に厳しい経済情勢の中、
特に日本の経済は追い詰められています。そのしわ寄せが、
確実に個人の生活に来ているのです。
会社勤めの方は、給与が上がらないだけではなく、
いつ解雇されるか判らない不安を抱えています。
同時に、退職後の生活にも不安が残ります。

一般的に目安とされる、老後資金の3000万円というのは、
現在の年金制度が機能していたとしての試算です。
もし今後、年金制度が機能しなくなった場合(高確率でそうなる計算ですが)
その倍の6000万円が必要になると言われています。
そういった背景もあり、多くの方が「個人投資家」として様々な
投資を始められています。

収入源を給与一つに絞るのは、終身雇用が前提であった
日本独特の考え方ですので、2つ以上の収入のラインを
確保しようとするこの流れは、当然と言えば当然です。
しかし、十分な知識を持たずに始めてしまった結果、
個人投資家の殆どが負けているというのも、真実なのではないでしょうか。



勝ち組の数%は何をしているのか?

逆に考えると、黒字を出している人が数%はいるということです。
この勝ち組数%がやっている方法こそが、「勝つためではなく、
負けないためのトレード」なのです。
例えば、プロの個人投資家は、3勝7敗のなかで、手堅く利益を確定し、
安全にロスカット(損きり)を行って、トータルで利益を堅実に重ねていきます。



ところが、初心者の方にこの話をすると
「えぇ!殆ど負けるんですか!9割~8割は勝つものだと思ってました!」
と言われます。
この考え方をしている限り、個人投資家が利益を出し続けることは
出来ないのですが、非常に多くの方が、こういった甘い推測を元に、
投資を始めてしまうのです。
実は、株で勝つこと自体は意外と簡単なのです。
始めてすぐに儲かった人の話というのは、良く聞きますよね。
問題は、負けたとき、つまり損失が出てしまったときに、
それを防ぐのが、非常に難しいのです。
負けたときに、「もう少し待ってみよう」といってズルズルと負け続け、
最終的に勝ちの利益も吹き飛んでしまうような、大きな損失になってしまう
ことが多くの負けパターンなのです。

勝つ方法は書いてあっても、損失を防ぐ方法はほとんど書いてない書籍

実際に、書店に並ぶ書籍を見てみてください。多くの書籍が、
儲け方についてはノウハウを公開していますが、損失を防ぐノウハウは
あまり書いていません。
これは、その見極めに独特のスキルが必要なのと、投資家のメンタルが
影響を与える部分が大きいからです。
このノウハウについては、実際のトレードを通じて、ケースbyケースの
実践でしか学ぶことが出来ないのです。

では、初心者がこの「負けない技術」を身につけることは可能なのか
というと、実は可能です。
株の学校123では、この「負けない技術」を、株がはじめての方から、
10年負け続けた方まで、幅広い方に教えています。

※受講生の方のインタビューはこちら

怖いのは、知らないからです

多くの方は、株式投資についてほとんど何も知りません。
もちろん、株式の仕組みや経済の仕組みに詳しい方はたくさんいますし、
取引経験が豊富な方もたくさんいらっしゃるでしょう。

たとえば、証券会社の営業マンは、とても株式投資に詳しいです。
ですから、プロに任せておけば安心ということで、営業マンを頼りに売買を
する方がたくさんいます。しかし、営業マンは「株をお客さんに売買して貰う
」ことはプロですが、「自分で売買して利益を出すこと」については、ど素人です。

また、会計士やファイナンシャルプランナ-、セミナー講師の方が株を
教えてくれるセミナーも多々ありますが、本人自身がトレードトレーナー
であるケースはほとんどありません。
その結果「理論は判ったけど実際にはどうすれば良いのかわからないまま」
の状態になります。
これでは、怖いと感じてしまうのは、当然です。

結局のところ、株式投資で利益を出していくための、泥臭い現場のノウハウというのは、
多くの個人投資家を育てたトレードトレーナーからしか学ぶことは出来ません。

不安から解消されるトレード方法を知ってください

不安から解消されてトレードを行うのはカンタンです。

・どの銘柄を買えばいいのか判るようになる
・買ってはいけない銘柄が見分けられるようになる
・いつ?買えばいいのかが判るようになる
・いつ?売れば手堅く利益確定できるのかが判るようになる
・負けないための「売る(手放す)」技術を身につける

これだけの技術を身につければ、怖い想いをすることはまずありません。
株の学校123では、過去のトレードではなく、
今現在の株価の動きを講師が生で分析しながら、
みなさんにノウハウを完全に会得して貰います。

個人投資家という弱者が負けないためのノウハウ

投資ファンドで莫大な利益を出している人たちは、どうして自分で独立して、
個人投資家にならないのでしょうか? 彼らの給料は、彼ら自身が稼ぎ出した
利益の中から出ているわけですから、独立して自分で投資を行えば、
もっと大きな利益が得られるはずです。しかし、彼らが個人投資家にならないのには、
ある理由があるのです。

実は、大きな資金を動かす機関投資家と、資金が小さな個人投資家では、
勝つための法則やルールが全く違うのです。ですから、ファンドマネージャーが
独立して個人投資家になっても、同じ戦い方で利益を出すことは難しいのです。

詳しくは体験セミナーでご説明しているのですが、一つ例を説明しましょう。
一般的な株式投資の常識として「情報を集め」「それを分析して」「売買する」
というものがあります。そのために、多くの方が経済新聞や雑誌、
アナリストのレポートを読み、四季報を読み、必死にテクニカル分析を勉強します。
しかし現実のケースでは、「ある会社の業績が上がりそうだ」という情報は、
機関投資家であればほぼリアルタイムに、即座に手に入れることが出来ます。
そのため、株価が上がる前の「本当の底値」で買うことが可能です。
しかし、そういった情報が、アナリストのレポートや新聞記者の調査を得て、
記事となり、印刷され、配送されるころには、すでに機を逃がしています。
機関投資家と、機関投資家の動きに気づいたプロ個人投資家の買いによって、
すでに株価が上がった後なのです。そして素人・初心者は、一番高値で株を
買うことになってしまいます。



個人投資家が、どれだけ情報を手に入れ、分析手法を勉強しても、
そもそも即座に情報を手に入れ、それを多角的に分析するチームを
持っている機関投資家には勝てません。

ですから、個人投資家には、個人投資家の戦い方、もっと具体的に言うと
「機関投資家の動きを読んだ戦い方」が必要になってくるのです。
当然、株の学校123では、講師全員がこの闘い方に習熟している、
実戦型トレードトレーナーです。

トレードをしている時間以外は、何でも好きなことが出来ます

その秘密の1つが半自動売買法です。パソコンに売買のシナリオを設定しておけば、
勝手に売買してくれます。
もし損失が出そうな時は、1000~2000円くらいの小額でロスカットしてくれるので、
そういう意味では、実は半自動売買が一番安全だったりします。
また、携帯電話で注文を出したり、注文を取り消したりもでき、自由自在にトレードするのが
個人投資家のトレードスタイルです。

そんな現場の細かいやり方も各講師のトレードスタイルに応じてアドバイスしてくれます。
常にパソコンにかじりついている訳ではなく、他の仕事、家事、遊びながら、
トレードをするスキルを身につけて、自由自在に楽しみながら、なおかつキャッシュをGETする、
一歩先のプロフェッショナルトレーダーを目指してください!

現役のトレードトレーナーが現場の泥臭いノウハウとトレードスキルを教えます

もしあなたが、本気で株式投資で利益を出したいと思うなら、
まずは我々の体験セミナーに参加してください。
今までセミナーに参加された方の多くから、


「体験セミナーで考えが変わりました。私にもできる!と。なぜほとんどの人は株で損をし、
なぜごく一部の人しか儲けられないのかをきっちりと教えて頂きました。」

「安全な投資法を目指すというお話を聞き、これならこんな私でも大丈夫と思いました」

「3年間、どうして自分がうまくいかなかったのか、やっと判りました」



といった声を頂いております。

短い時間ではありますが、必ず、


「これを知らずに株を始めなくて本当に良かった」

「なぜ今まで勝てなかったか、やっと判った」


と言って頂ける自信のある内容です。

もちろん、当然ではありますが、その後の電話等での強引な勧誘等は一切しません。
我々は金融商品取引業者のため、強引な勧誘活動や過剰な宣伝行為を行った場合は、
即営業停止処分となってしまいます。

>>株の学校123無料説明会お申し込みはこちらから

お問い合わせ

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
手数料等 報酬体系 ベーシック 会員 3ヶ月 248,000円 
以降1年 1,000円
指標変動により
損失が生じるおそれ
株価や債券価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。 また、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
その他重要事項 当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。 また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

生徒さんの声

株の学校123にご参加頂いた、生徒さんの声をお聞きください。

» 詳細を確認する

コース紹介

株の学校123の受講カリキュラムをご紹介いたします。

» 詳細を確認する

授業の様子

株の学校123における授業の様子をご紹介いたします。

» 詳細を確認する

経済、ファイナンスの知識

経済、ファイナンスの知識を勉強したい方へ。

» 詳細を確認する

特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律に基づく表示です。

» 詳細を確認する

会社概要

株の学校123を運営する、株式会社トレードイノベーションの会社概要です。。

» 詳細を確認する

金融商品取引業者の表示

金融商品取引業者であることを証する事項です。

» 詳細を確認する