なぜ?株で負けてしまうのか?

結論から言いますと、個人投資家が株で勝てない理由は、大きく分けて以下の3つです。
・「株の知識」を勉強してしまう
・「情報」に頼ったトレードをしてしまう
・負けないためのノウハウを知らない

なぜ負けてしまうのか?①
なぜ負けてしまうのか?②
なぜ負けてしまうのか?③

私自身も、負けの連続の日々でした

このページを見ている方の中には、株をやっているけど、上手くいかない、
負けてばかり、という方もいらっしゃると思います。実は私も以前は、負けてばかりでした。
多くの方と同じように、ふとした事から株を始め、新聞や証券会社の情報を必死に分析し、
ニュースも欠かさず見て常に情報をキャッチし、分析を繰り返しながら売買していました。

しかし、どれだけ頑張っても、勝てないのです。そんな日がいつまでも続き、
負けの焦りが重なっていたのだと思います。ある時大きな勝負に出ました。
そして、大きな損失を被ったのです。全く、笑えないくらい。

一旦株をやめるものの・・・

そして、一旦株を辞めました。が、しかし、一度株の魅力を知ってしまうと、辞めることは出来ません。
負けたことが悔しくて悔しくて、また本を読んだり、無料~有料のセミナーへ行きまくり、
猛勉強をしました。中には、一度で数百万円のセミナーに行ったりしたこともあります。

しかし、勉強すればするほど、どんどん解らなくなっていきます。どうもうまく行きません。
理論はどれだけ判った気になっても、実戦となるとうまくいかないのです。

そんなある時テレビで、なんの番組か忘れましたが、島田紳介さんが言っていました。
『成功したければ、成功している人から学べ』という言葉に気付かされ、ある個人投資家
グループの門を叩きました。

今までとは真逆の世界

そこで私が見たのは、今まで勉強してきたことと全く真逆の世界でした。そこでは情報を一切排除し、
ローソク足という株価の動きを示したグラフのみで売買をしていたのです。


この時、今まで自分が勉強していたノウハウが全く役に立たないものであるのを知ると同時に、
そういったノウハウをばらまいて私腹を肥やしている人達を信じていた自分が、
本当に情けなくなりました。

これまで自分がやっていたトレードはよく考えると人や情報を頼りにして自分の判断で
売買していなかったのです。そこからは、個人投資家仲間と共に研究、実 際の相場で検証を重ね、
現在のトレードノウハウとトレードトレーニングシステムを確立したのです。

そこで初めて、今までどうして自分が負けっ放しだったのか、わかりました。
それが、先ほどお話しした3つの理由なのです。

負ける理由1 「株の知識」を勉強してしまう

どれだけ「株のお勉強」をしても、儲けには繋がりません。こんなことを言うと怒られそうですが、
事実です。
これは、車の運転に似ています。どれだけ車やエンジンの構造を勉強しても、それだけで車を
運転できるようになるわけでは無いですよね。

そんなシンプルなことは誰にでもわかりますが、これが「株」となると、専門用語も多いし、
難しい世界の気がしてしまい、皆が揃って「株のお勉強」を初めてしまうのです。

もちろん、これも不要なものではありませんが、車の構造を知ったからと言って、上手に車が
運転できるようにはなりませんよね。同じように、どれだけ「経済の仕組み」を理解したところで、
これだけ相互に複雑に依存している経済のなかでは、それを現実の売買に役立てることは
不可能に近いのです。

業績が良くて決 算書も優秀な会社の株価が下がってしまったり、ボロボロの会社の株価が
驚くほど上がることは、多くの方が経験されていると思います。


負ける理由2 「情報」に頼ったトレードをしてしまう

どれだけ「株のお勉強」をしても、儲けには繋がりません。こんなことを言うと怒られそうですが、
事実です。
これは、車の運転に似ています。どれだけ車やエンジンの構造を勉強しても、それだけで車を
運転できるようになるわけでは無いですよね。

そんなシンプルなことは誰にでもわかりますが、これが「株」となると、専門用語も多いし、
難しい世界の気がしてしまい、皆が揃って「株のお勉強」を初めてしまうのです。

もちろん、これも不要なものではありませんが、車の構造を知ったからと言って、上手に車が
運転できるようにはなりませんよね。同じように、どれだけ「経済の仕組み」を理解したところで、
これだけ相互に複雑に依存している経済のなかでは、それを現実の売買に役立てることは
不可能に近いのです。

業績が良くて決 算書も優秀な会社の株価が下がってしまったり、ボロボロの会社の株価が
驚くほど上がることは、多くの方が経験されていると思います。




個人投資家が、どれだけ情報を手に入れ、分析手法を勉強しても、そもそも即座に情報を手に入れ、
それを多角的に分析するチームを持っている機関投資家には勝てません。
 

ですから、個人投資家には、個人投資家の戦い方、もっと具体的に言うと
「機関投資家の動きを読んだ戦い方」が必要になってくるのです。
当然、株の学校123では、講師全員がこの闘い方に習熟している、経験豊富なトレードトレーナーです。

負ける理由3 機関投資家と個人投資家では戦い方が違うことを知らない

実は、プロの個人投資家は、3勝7敗のなかで、手堅く利益を確定し、安全にロスカット(損きり)を
行って、トータルで利益を堅実に重ねていきます。




ところが、初心者の方にこの話をすると「えぇ!7割も負けるんですか!9割~8割は
勝つものだと思ってました!」と言われます。
この考え方をしている限り、個人投資家が利益を出し続けることは出来ないのですが、
非常に多くの方が、こういった甘い推測を元に、投資を始めてしまうのです。

実は、株で勝つこと自体は意外と簡単なのです。始めてすぐに儲かった人の話というのは、
良く聞きますよね。
問題は、負けたとき、つまり損失が出てしまったときに、それを防ぐのが、非常に難しいのです。
負けたときに、「もう少し待ってみよう」といってズルズルと負け続け、最終的に勝ちの利益も
吹き飛んでしまうような、大きな損失になってしまうことが多くの負けパターンなのです。
実際に、書店に並ぶ書籍を見てみてください。
多くの書籍が、儲け方についてはノウハウを公開していますが、損失を防ぐノウハウは
あまり書いていません。これは、その見極めに独特のスキルが必要なのと、投資家のメンタルが
影響を与える部分が大きいからです。
このノウハウについては、実際のトレードを通じて、ケースbyケースの実践でしか学ぶことが
出来ないのです。

では、初心者がこの「負けない技術」を身につけることは可能なのかというと、実は可能です。
株の学校123では、この「負けない技術」を、株が はじめての方から、10年負け続けた方まで、
幅広い方に教えています。

どうすれば個人投資家が勝てるのか?

まず、儲けに繋がらない勉強と情報は、一切遮断することです。どれだけ複雑な理論を
振りかざしたり、大量の情報を集めたりしても、結局のところ、個人投資家が知りたいのは
「この先株価はどちらに動くのか?」だけです。

株の学校123の体験セミナーでは、この点について丁寧に説明します。体験セミナーでは、
「この先、この銘柄がどちらに動くのか?」をわかるようになって、帰ってもらいます。

単純に上昇に転じる瞬間に買い、下降に転じる瞬間に売るというテクニカルトレードでなければ、
個人投資家の成功はありません。個人投資家には個人投資家のやり方があります。

>>株の学校123無料説明会お申し込みはこちらから

お問い合わせ

金融商品取扱業者であることを証する事項

商号 株式会社トレードイノベーション
金融商品取引業者
であることを証する事項
当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です
登録番号 関東財務局長(金商)第2423号
手数料等 報酬体系 ベーシック 会員 3ヶ月 248,000円 
以降1年 1,000円
指標変動により
損失が生じるおそれ
株価や債券価格の変動により、投資元本を割り込むことがあります。
また、株式発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。 また、信用取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、上記の要因により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。
その他重要事項 当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。 また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。
十分読むべき旨 ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。

生徒さんの声

株の学校123にご参加頂いた、生徒さんの声をお聞きください。

» 詳細を確認する

コース紹介

株の学校123の受講カリキュラムをご紹介いたします。

» 詳細を確認する

授業の様子

株の学校123における授業の様子をご紹介いたします。

» 詳細を確認する

経済、ファイナンスの知識

経済、ファイナンスの知識を勉強したい方へ。

» 詳細を確認する

特定商取引に関する法律

特定商取引に関する法律に基づく表示です。

» 詳細を確認する

会社概要

株の学校123を運営する、株式会社トレードイノベーションの会社概要です。。

» 詳細を確認する

金融商品取引業者の表示

金融商品取引業者であることを証する事項です。

» 詳細を確認する